大和版 掲載号:2021年10月22日号 エリアトップへ

9月市議会定例会一般質問より 活動報告 大和市の教育行政について 大和市議会議員 小倉隆夫

掲載号:2021年10月22日号

  • LINE
  • hatena
資料を示し、一般質問に登壇
資料を示し、一般質問に登壇

 去る9月27日に閉会した大和市議会第3回定例会で、教育分野に関して一般質問をしました。

※  ※  ※

市長と教育委員会の関わりについて

質問=政治的中立性を確保しつつ、教育行政に理解のある首長の創意工夫を教育政策に反映させる仕組みを、積極的に導入することが必要となっている。このため、教育委員と首長との協議会を定期的に開催し、十分意思疎通を図ることが望まれる。平成27年4月改正により、教育行政における責任体制の明確化や地域の民意とされる首長との連携の強化などが改革の柱となって進められている。首長である大木市長と教育委員会との関わりについて。

答弁=改正により大和市総合教育会議を設置し、教育大綱を定めて市長と教育委員会が連携を図りつつ、市民の意向を反映した教育行政を推進している。

北部地区の小学校児童増加大丈夫?

質問=北部地区における大型集合マンション建設や戸数の多い宅地開発など、ここ十年来より急激に増えていることは、本市の人口が24万人に到達したことの表れだと思う。それに伴い小学校への児童数増加が予想され、事前の動態調査で既存の小学校への適正な配置を施し、必要に応じて校舎の増築事業がおこなわれている。今回、北大和小学校と中央林間小学校の児童増加に伴い教室不足を解消するため校舎が新設された。令和3年度から段階的に小学校35人学級制へ移行に伴い、学級編制による教室不足が生じる教室の整備について

答弁=国において公立学校における小学校の学級編制の標準を計画的に40人から35人に引き下げる法案が令和3年3月に可決したことから、学校の教室数が増加する見込みである。北部地域の小学校区は、今後も児童生徒数の増加傾向が続くと推測している。学校規模適正化基本方針に基づき、児童生徒数の推移と将来推計、通学区域の経過と現状、今後の宅地開発状況など十分に注視し、それぞれの地域や学校の特性等に応じて適切に必要な措置を講じ、適正な教室等の確保に努めていく。

◆ご意見をお聞かせください。大和市のホームページから会議録をご覧になることができます。

小倉隆夫

大和市下鶴間2907-1

TEL:046-274-7877

https://ameblo.jp/san-taka00/

大和版の意見広告・議会報告最新6

運転免許の高齢講習、待機日数の短縮を!

県政報告

運転免許の高齢講習、待機日数の短縮を!

公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

11月12日号

安全・安心な大和のために

9月議会一般質問 議会報告

安全・安心な大和のために

大和市議会議員 古木邦明

10月29日号

大和市の教育行政について

9月市議会定例会一般質問より 活動報告

大和市の教育行政について

大和市議会議員 小倉隆夫

10月22日号

リトルベビーハンドブック

県政報告

リトルベビーハンドブック

公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

10月1日号

とことん、こつこつ5年半。徹底して「草の根」活動!

意見広告

とことん、こつこつ5年半。徹底して「草の根」活動!

立憲民主党 衆議院神奈川13区 総支部長 太(ふとり)ひでし

9月24日号

コロナ対策で予測モデル

県政報告

コロナ対策で予測モデル

公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

8月27日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook