厚木版 掲載号:2012年2月24日号

横内謙介の劇場シアター談義

―5―

松井久子監督

 映画館のない町の映画祭『厚木映画祭』の1日目に上映されるイサム・ノグチの母親の半生を描いた『レオニー』は、製作費13億の日米合作作品である。その資金集めから海外交渉まで、すべての指揮を執って創り上げた松井久子監督は、編集者やテレビ番組制作などを経て、五十歳を過ぎて監督デビューしたという、異色の人だ。『レオニー』は5年かけて、その内容と映画創りへの情熱に共感するサポーターを募り、製作態勢を整えたという。そこには多くの経済人や文化人も参加している。監督はインタビューで語っている。

 「今の世の中、すべてのものが消耗品として使い捨てになっている。そんな世の中になるほど、私のような者がちゃんとあとの世代に残すものを作らないと」。

政治経済という価値観で、戦後半世紀以上、成長してきた我が国であるが、今、新しい価値観で町のあり方や、人の暮らしをデザインし直すべき時が来ている。この作品と、そこに込められたメッセージは、新しい町のカタチを模索する我々の良きヒントになるだろう。松井監督は3月10日のトークショウに、六角精児とともにご出演下さり、映画創りへの夢と情熱を語って下さる。

劇作家・横内謙介
 

宝安寺 樹木葬墓地完成

1区画(3霊)30万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

厚木版のコラム最新6件

関連記事(ベータ版)

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク