厚木版 掲載号:2012年8月17日号

横内謙介の劇場シアター談義

―12―

今、何を蓄えるか

 猿之助さんのスーパー歌舞伎などで仕事をさせて頂いた、ミュージシャンの加藤和彦さんは、奥さまの作詞家・安井かずみさんと優雅な生活をやり尽くしたことで知られている。雑誌の取材で訪れたフランスで、用意された四つ星ホテルが気に入らず、ギャラの倍の自腹を切って、最高級ホテルに移ったという伝説など、こだわりの贅沢話があまた語り継がれている。

 夫婦ともに時代の寵児でお金持ちだったから、出来たことだけど、それでも年に2回、お金に糸目を付けずに世界の高級リゾートを巡って過ごすバカンスの後は、スッカラカンだったよと、生前、誰もが愛してやまなかった加藤スマイルで語ってくれた。

 ふたりの合言葉は「人生を楽しむための出費は惜しまずに。体験と思い出に値崩れはないのだから」というものだったそうだ。

 セッセと貯め込んでも、株は上がらず資産も目減りするばかりの当節、取り入れてみる価値のある考え方ではないだろうか。

 旅の体験、劇場で得る喜び、お洒落の楽しみ、そういうことが人生のオマケではなく、財産なんだと、みんなが思うようになったら、我が国は変わる、と思いませんか?

 劇作家・横内謙介
 

北海道グルメバイキング!!

2019年8月18日限定 北海道と富士屋ホテルのコラボをお楽しみください

https://www.yumotofujiya.jp/

<PR>

厚木版のコラム最新6件

関連記事(ベータ版)

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク