厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年11月15日号 エリアトップへ

11月17日にアミューあつぎでがんサロンを開催する(一社)ガンと働く応援団の理事長 吉田 ゆりさん 厚木市妻田西在住 38歳

掲載号:2019年11月15日号

  • LINE
  • hatena

「 が ん 防 災 し よ う 」

 ○…「本当に欲しい情報が入らない。モヤモヤする部分を共有し、気持ちを自分で解決する。ちゃんと相談できる場所を作りたい―」。がん患者やその家族が集まり情報交換をする場として、今年7月に厚木初となる「がんサロン・ティールボンボン厚木」を開設。キャリアカウンセラーとして、そして自身も卵巣がん罹患経験者としてサロンのホストを務め、利用者に寄り添ったサロンづくりをめざす。

 ○…東京都港区生まれ。幼少時代は世田谷や横浜で過ごす。生徒たちが楽しく授業を受ける姿に憧れ、高校3年間をカナダで過ごす。「日本を出たことで、日本の良さが分かりました」と当時を振り返る。帰国後は千葉大学文学部で行動科学科社会学を専修。「企業と働く人のWINWINな関係」を作りたいと様々な職を経験した。結婚を機に厚木へ。2018年9月にキャリアカウンセリングオフィス「厚木 生活と仕事の相談室」を開設した。

 ○…オフィス開設1カ月後、自身に卵巣がんが見つかり、全摘手術を受けた。自身ががんとなり感じたのは「情報が少ないこと」。この経験とこれまでのキャリアが重なり合い、がん治療と仕事の両立支援が人生の大きなテーマになった。このほど一般社団法人「ガンと働く応援団」も立ち上がり理事長に。「2人に1人ががんになる時代。ライフイベントとして受け入れ、助けて助けられる社会が必要です」と、『がん防災しよう』をキャッチフレーズに、人と企業の両方がサポートしあえる社会をめざす。

 ○…自宅に戻れば2児の母。子育てに追われる日々の中、リラックスタイムは人と話すことと、たまの温浴施設に読書。そして「主人とゆっくりと過ごすことが幸せのひととき」とほほ笑んだ。
 

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

原田 裕之さん

第36回神奈川工業技術開発大賞の受賞に貢献した

原田 裕之さん

堀硝子株式会社勤務 52歳

12月6日号

三好 正秋さん

令和元年度食品衛生功労者として厚生労働大臣表彰を受賞した

三好 正秋さん

愛川町田代在住 78歳

11月29日号

若き団結(ちから)

厚木青年会議所50周年

若き団結(ちから)

第12代理事長(1980年)山口 巖雄さん(77)

11月22日号

藤井 かほるさん

統計調査員として最高峰となる大内賞を受賞した

藤井 かほるさん

厚木市妻田南在住 79歳

11月22日号

若きちから団結

厚木青年会議所50周年

若きちから団結

11月8日号

原田 融(とおる)さん

愛川町農友クラブの会長を務める

原田 融(とおる)さん

愛川町角田在住 31歳

11月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク