厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年12月20日号 エリアトップへ

新時代読点記 前厚木市議会議員 徳間和男

掲載号:2019年12月20日号

  • LINE
  • hatena

 今では不思議と思えるほどなくなっている「新住民(新市民)意識」について考えるとき、私にはよく思い出す風景があります。

 新住民が自家用車で砂埃を舞い上げて行く中で、元(もと)住民は、新住民の舞い上げた砂埃をかぶりながら(昭和38年頃の厚木高校の坂道を思い浮かべてほしい)、じっとこらえてその日を過ごしていました。

 私は今でもあの坂道を通るたびに、あの頃のあの風景を思い出さずにはいられません。かれこれ50年ほど前のことです。当時の市長、石井忠重氏は、厚木市に新たに居を構える市民のための「新厚木市対策」に、大きな配慮をされていたように思えます。今考えるとにわかには信じがたい石井政策の一つに「新住民歓迎会」を挙げることができるでしょう。

 私たち緑ヶ丘住民(いわゆる新住民)のためにユニシアの大食堂にて、大歓迎会が催されたのです。ちょっとユニークだと思いませんか?でも今では、その事実を知る緑ヶ丘住民はほとんど亡くなってしまいましたが……。

 でもそれほどまでに当時の課題であった「新住民、元住民」という意識は今はもう感じる機会はほとんどありません。オール新住民の町であった「緑ヶ丘」も今では、「厚木高校の坂道の埃」を改めて思うことはないでしょう。

 あの頃、厚木市の未来を考える上で課題であった「新住民、元住民意識」は、過去の事実として「在った」ことを知る人がいない時代になりました。でも忘れ去られようとしている「新、元住民の問題」とは違う、青少年を地域がどう育てるか、社会的問題が発生した際、地域としてどうかかわるかなど、さらに厳しいまちづくりの課題が提起されていることにも目を向けなくてはいけません。
 

雨漏れ、飛散、屋根修理

雨が漏った、屋根材が剥がれたなど困り事はアイネックスへ

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のコラム最新6

株式会社 山善(清川村煤ヶ谷)

【新連載・新時代を行く】 かながわSDGsパートナーを紹介

株式会社 山善(清川村煤ヶ谷)

12月20日号

感謝を込めて!

感謝を込めて!

12月20日号

音楽の森

♯みゅーじっくコラム♭

音楽の森

ピアニスト 倉本 卓(厚木市長谷在住)

11月22日号

ライフワーク

ライフワーク

11月15日号

11月3日 市役所前に集結せよ!

舞台芸術科

舞台芸術科

9月6日号

宝安寺 樹木葬墓地完成

1区画(3霊)30万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク