神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

4月に発足した厚木市消防本部日勤救急隊の隊長を務める 小川 貴司さん 厚木市寿町在住 45歳

公開:2024年4月26日

  • X
  • LINE
  • hatena

緊張の時こそ冷静に

 ○…4月に新設された日勤救急隊の隊長として、主に市街地の搬送に携わる。隊員のほとんどが子育て中で、自身も小学生2人のお父さんだ。勤務は朝から夕刻の日勤で、夜勤が当たり前だった消防署の働き方改革のモデルケースともいえる。「24時間帰らない事もありましたが、授業参観にも行ける。これが定着して若手隊員がもっと働きやすくなれば」と目を細くした。

 ○…搬送中は心電図や血圧計などを注視し、傷病者や付添人を安心させつつ病院側に伝えるべき病状を聞き出す。命に関わる緊張感は、日勤でも薄れる事はない。TVドラマで医療機器の音などを聞くと「動かねば」とスイッチが入ってしまう。救急隊に配属されて15年。知人や親族から怪我の相談の電話を受ける事も多くなり「もっと知識を深めたい」と救急救命士の資格を取った。

 ○…自宅は消防本部の近くで、厚木小学校の頃は毎日のように救助訓練を眺め、車両に触り、サイレンが鳴ると自転車で追いかけた。10歳の頃に自宅での食事中、祖父が餅を喉につまらせた事がある。大変なことになったと大人たちが慌てているのを見ながら、思ったのは「まずは冷静にならなきゃ」。この原体験が細長く、今の道に続いている。

 ○…高校時代はサッカーの強豪だった綾瀬西高校へ。中村俊輔選手を擁していた桐光学園を下し、全国へ。チームでは司令塔とも言えるボランチ(MF)を務め、四方八方を見て声を張り上げた。その後膝を痛めてサッカーから遠ざかり、今ではJリーグや有名選手にも関心がない。広い視野だけ選手生活の賜物といい、現場でも危険に気づき、いち早く仲間に声をかける。「いい結果を出したいですね」。司令塔は健在だ。

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

鈴木 慎三さん

神奈川県LPガス協会厚木支部の支部長を務める

鈴木 慎三さん

愛川町田代在住 60歳

6月14日

千波 永松(えいしょう)さん(本名:落合穂積)

消防署長を定年後に始めた日舞で現在師範を務める

千波 永松(えいしょう)さん(本名:落合穂積)

厚木市宮の里在住 75歳

6月7日

北村 純一さん

厚木市短歌会の会長を務める

北村 純一さん

厚木市妻田東在住 79歳

5月31日

荻野 洋一さん

厚木商工会議所青年部(厚木YEG)第23代会長に就任した

荻野 洋一さん

中町在住 44歳

5月24日

小出 賢(まさる)さん

全日本アームレスリングストラップ選手権のマスターズ無差別級で優勝した

小出 賢(まさる)さん

愛川町半原在住 54歳

5月17日

田頭 文昭さん

20周年を迎えたあつぎ観光ボランティアガイド協会の会長を務める

田頭 文昭さん

厚木市栄町在住 74歳

5月10日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook