神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

5月18日まで鳶尾「もりや亭」で鉛筆画を展示している 平居 拓也さん 厚木市森の里在住 39歳

公開:2024年5月3日

  • X
  • LINE
  • hatena

鉛筆握りデジタル超える

 ○…厚木市鳶尾の「もりや亭」に展示する精密な鉛筆画が、来場者をうならせている。作品の主なモチーフは猫。瞳の中に描きこまれた光の粒が透明感を生み、1本ずつ描かれた細かな毛並みがふわりとした質感を伝え、一見しただけでは鉛筆画とは思えない。黒を塗っては消すを繰り返して白を出すこともあれば、あらかじめ鋭い鉄筆で筋をつけて、白を浮き出させるなど手法も様々だ。記者の乗る車をさし「真っ白な車にも、そこには様々な白がある。風景を眺めていても、こうして誰かに向き合う時も、どこかで陰影を意識して見てますね」。

 ○…森の里中学校の頃に、ふと遊んでいたゲームのパッケージイラストを模写した。鉛筆を動かしているうちに、対象を立体で捉えるデッサンの大切さに気づき、さらに没頭。専門学校時代はパソコンを使った3D技術を学び、生活雑貨などを扱う販売業界へ就職。絵の腕を生かして販促POPを手作りし、夏休み前に工作材料を一押しするため、見本を作って添えた。これに来店者が見入り「売って」と求められたことも。作る喜びを改めて感じ、再びアートの世界へ。

 ○…今はデッサンの講師として教えながら、鉛筆画の依頼を受けている。数種類の鉛筆を持ち替え、一日8時間作業する日も。趣味は全国の城めぐりで、デッサンのモチーフにもしている。忙しさもあり地元の厚木はあまり歩かなくなった。繁華街にあったCDショップに通い詰めたのも昔話だ。ダウンロードしたり撮影や加工が簡単にできる時代に、鉛筆でアナログの力を世に問うよう。目標を聞くと「できれば自分で生み出した架空の生き物が描きたい。需要はあるかな」。超絶技巧に、創意を注ぐ日が待ち遠しい。

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

鈴木 慎三さん

神奈川県LPガス協会厚木支部の支部長を務める

鈴木 慎三さん

愛川町田代在住 60歳

6月14日

千波 永松(えいしょう)さん(本名:落合穂積)

消防署長を定年後に始めた日舞で現在師範を務める

千波 永松(えいしょう)さん(本名:落合穂積)

厚木市宮の里在住 75歳

6月7日

北村 純一さん

厚木市短歌会の会長を務める

北村 純一さん

厚木市妻田東在住 79歳

5月31日

荻野 洋一さん

厚木商工会議所青年部(厚木YEG)第23代会長に就任した

荻野 洋一さん

中町在住 44歳

5月24日

小出 賢(まさる)さん

全日本アームレスリングストラップ選手権のマスターズ無差別級で優勝した

小出 賢(まさる)さん

愛川町半原在住 54歳

5月17日

田頭 文昭さん

20周年を迎えたあつぎ観光ボランティアガイド協会の会長を務める

田頭 文昭さん

厚木市栄町在住 74歳

5月10日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook