神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

20周年を迎えたあつぎ観光ボランティアガイド協会の会長を務める 田頭 文昭さん 厚木市栄町在住 74歳

公開:2024年5月10日

  • X
  • LINE
  • hatena

魅力探し 歩き続ける

 ○…厚木の史跡めぐりやハイキングなどで、35人の仲間とガイドボランティアを続ける。インタビュー中も「この時期はやっぱり飯山」と名所紹介が度々加わった。おもむろに地図を広げ、AOI七沢リハビリテーション病院を指した。ここは室町時代の七沢城跡。10年前に初めてツアーのガイドを担い、情報収集した思い出の地。「参加者が聞くだけで情景が思い浮かぶようなトーク」がモットーだ。

 ○…熊本県長洲町生まれ。有明海に面し小学校の頃から夜釣りに通った。金魚の生産地としても知られ、台風が来ると養殖場から川に溢れた金魚を拾って歩いたという。近所にはよく自宅にお茶を飲みに訪れるお爺さんがいた。繰り返し語るのは郷土の誇り、熊本城。「小さい頃から感化され、今も尊敬する人物です」。思えばこの人がガイドとしての先輩だったのかもしれない。

 ○…全国チェーンの大手スーパーに就職。各地の店で働き、結婚を機に厚木市に移住した。おもちゃ売り場の担当になると様々な新商品に向き合った。ガンダムのプラモデルやルービックキューブなど、売れ筋の仕入れに奔走し、家に持ち帰って吟味する日々。メーカー側のテレビCMを分析し、流れを読んだ。直感どおりにヒットした商品は、今でも売り場に並んでいる。

 ○…退職後に時間を持て余し、職場の先輩から薦められたのが観光ボランティア。自分らしく語るためにはインプットが欠かせず、仲間と勉強会を開き、都内の博物館にも足を伸ばす。活動規模をコロナ禍以前に戻すことが目標だ。「仲間も皆言うんです、寝るだけだった厚木がこんなに素敵な街なのかって」。次の20年に向けて一歩一歩はゆっくりと、じっくりと。発見に満ちている。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

荻野 洋一さん

厚木商工会議所青年部(厚木YEG)第23代会長に就任した

荻野 洋一さん

中町在住 44歳

5月24日

小出 賢(まさる)さん

全日本アームレスリングストラップ選手権のマスターズ無差別級で優勝した

小出 賢(まさる)さん

愛川町半原在住 54歳

5月17日

田頭 文昭さん

20周年を迎えたあつぎ観光ボランティアガイド協会の会長を務める

田頭 文昭さん

厚木市栄町在住 74歳

5月10日

平居 拓也さん

5月18日まで鳶尾「もりや亭」で鉛筆画を展示している

平居 拓也さん

厚木市森の里在住 39歳

5月3日

小川 貴司さん

4月に発足した厚木市消防本部日勤救急隊の隊長を務める

小川 貴司さん

厚木市寿町在住 45歳

4月26日

澤本 徹さん

4月1日付けで厚木市立病院の救急センター長に就任した

澤本 徹さん

厚木市七沢出身 52歳

4月19日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook