神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

水墨画家又村和夫さん 卒寿記念のファミリー展 家族・親類13人が出品

文化

公開:2024年5月24日

  • X
  • LINE
  • hatena
作業中の又村和夫さん
作業中の又村和夫さん

 厚木市妻田在住の水墨画家・又村和夫さんの卒寿を記念した「又村ファミリー展」が、5月30日(木)から6月3日(月)までアミューあつぎ5階で開催される。このために描いた作品のほか、家族、親類を含め13人による多彩な分野の作品が展示される。

 和夫さんが水墨画を始めたのは60歳のとき。息子の仲人の画家から祝いにもらったスズメと鶏の絵に感動し、紹介された先生について習い始めた。開始半年で出品した展覧会で初受賞し、以来数々の受賞を続け、2011年には県水墨画公募展で文部科学大臣賞も獲得した。師事する先生を変え、「今も勉強中」。

 今回のファミリー展は、息子の秀(しげる)さん(66)が昨年5月にコンテストで金賞を受賞し本紙で紹介した際に、今後の抱負として「父の卒寿記念にファミリー展を開催する」と話したことから。「公言した以上やらないとね」と和夫さん。

 結局、和夫さんの水墨画以外に、いずれも教室を開設する秀さんのハンギングバスケットや秀さんの妻の里実さんのシャドーボックスのほか、和夫さんの弟や妹、秀夫妻の娘を含め13人が出品。ジャンルも漆芸や版画、空き缶造形、イラスト、絵手紙、写真、書道など多岐にわたる。

 メインとなるのは、和夫氏がこのために描いた「九十羽の雀」。ふすまに貼り付けて展示する。

「傘寿の際に80羽を描いたので今回は90羽に。絵になるとこんなにたくさんになるのか。自分の人生もこんなにたくさんいろいろなことがあったんだなと感じる。同じ雀は描いていません」と思いを語る。

 「自ら作品を飾るのはおこがましいという気持ちがあるが、半面、家族やまわりの人たちに応援されているということを実感でき、うれしい。皆さんに感謝したい」

 ファミリー展は、あつぎアートギャラリー3で期間中午前10時から午後5時。問合せは、又村秀さん【携帯電話】090・9154・8783へ。

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

賑わい創出 夫婦で奮起

賑わい創出 夫婦で奮起

「田代みんなの館」15日開店

6月14日

厚木王子高の7人全国へ

厚木王子高の7人全国へ

珠算・電卓・情報処理

6月14日

SDGsで魅力再発見

SDGsで魅力再発見

厚木市版学習ボードゲーム

6月7日

7度目の人道支援へ

厚木市在住佐藤太一郎さん

7度目の人道支援へ

国境なき医師団で活動

6月7日

「低出生体重児 知って」

「低出生体重児 知って」

市内で啓発写真展開催へ

5月31日

木造校舎で昭和を回想

愛川町

木造校舎で昭和を回想

高齢者交流会で「脳活」

5月31日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook