神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

消防署長を定年後に始めた日舞で現在師範を務める 千波 永松(えいしょう)さん(本名:落合穂積) 厚木市宮の里在住 75歳

公開:2024年6月7日

  • X
  • LINE
  • hatena

心豊かに舞う人生

 ○…伊勢原市消防署長を定年退任後、日舞を習い始め現在千波流師範にまでたどり着いた。もともと踊りを楽しみたいという趣味の延長のような気持ちでこの世界に飛び込んだが師範という立場になり、「まわりの私に対する見方の変化を感じる。観ていただける方たちに『観てよかった』と思っていただきたい。趣味気分のままではいられない」と引き締まった表情。今は11月に披露する予定の踊りの稽古に邁進する日々だ。

 ○…学生時代に父親が地元の消防団長を務めている姿を見て憧れ、消防士を志し、伊勢原市消防署に入隊した。現役時代は危険な現場に出動することもあったというが、「人を助ける人のために働く仕事。やりがいがあった」と自信を持って答える。一番学んだのは規律とし、それが礼儀作法を重んじる日舞に繋がったのかもしれない。子どもの頃から盆踊りが大好きだったこともあり、「同じ踊りだから」と近所にある千波朱永さんの教室へ。すぐに大衆芸能でなく舞台芸術の世界に魅了された。

 ○…息子2人が独立し、奥さんと娘の3人暮らし。家族は舞台を観に来るなど応援してくれており、ある時鑑賞後に息子が「いいじゃん」と言ってくれたと満面の笑み。一方で、経験を活かし住民と共に地区の自主消防隊を組織。定期的に訓練も行い、有事に備える。「地域のためにお役に立てれば」と正義感は消えない。

 ○…今後は舞台のほかに、子どもを対象とした教室や中年世代を巻き込んだ企画などに携わる計画もある。「日舞は心が豊かになる文化。心を柔らかく素直な気持ちでいないと、いいものが入って来ない」。「素晴らしい先生との出会いと家族の応援」―踊り続ける理由がそこにある。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

小瀬村 寿美子さん

厚木市ゴルフ協会の会長に就任した

小瀬村 寿美子さん

厚木市小野在住 65歳

6月21日

鈴木 慎三さん

神奈川県LPガス協会厚木支部の支部長を務める

鈴木 慎三さん

愛川町田代在住 60歳

6月14日

千波 永松(えいしょう)さん(本名:落合穂積)

消防署長を定年後に始めた日舞で現在師範を務める

千波 永松(えいしょう)さん(本名:落合穂積)

厚木市宮の里在住 75歳

6月7日

北村 純一さん

厚木市短歌会の会長を務める

北村 純一さん

厚木市妻田東在住 79歳

5月31日

荻野 洋一さん

厚木商工会議所青年部(厚木YEG)第23代会長に就任した

荻野 洋一さん

中町在住 44歳

5月24日

小出 賢(まさる)さん

全日本アームレスリングストラップ選手権のマスターズ無差別級で優勝した

小出 賢(まさる)さん

愛川町半原在住 54歳

5月17日

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook