伊勢原版 掲載号:2016年10月21日号
  • LINE
  • はてぶ

シューベルト国際ピアノコンクールで第4位に入賞した 古川 貴子(よしこ)さん 市内高森出身・ドイツ在住 30歳

キュートな気鋭ピアニスト

 ○…「帰国したてで時差ボケなんです」と笑顔で目の前に現れたのはなんとキュートで可愛らしい女性。自身の資料やコンサートのフライヤーを抱え、妖精が跳ねるような足取りで。「受賞したときはファイナル審査用に用意した曲が弾けないことが悔しくて泣いていました」と予想外の感想がこぼれた。そのコンクールは権威ある「シューベルト国際ピアノコンクール」。しかも初めての大きなコンクールに参加して第4位入賞という快挙なのだ。

 ○…高森出身。ピアノを弾く母の影響で4歳のころから鍵盤に親しんだ。緑台小、成瀬中から秦野高校へ。ピアニストをめざそうと決めたのは、高校2年のとき。進路を決めかねていたときに出会ったのが恩師の演奏。「こんな演奏がしたい」と思った。東京藝術大学を経て同大学院修士課程へ。2009年秋に渡独。現在はミュンスター音楽大学に在籍。欧州での演奏活動が中心の生活だ。

 ○…「来年は挑戦の年」と決めている。大きなコンクールにもチャレンジし、演奏会の依頼があれば積極的に受けたいと。「貴子さんにとって演奏とは」と問いに愛くるしい瞳がピタッと止まり、しばし考えたのちに出た言葉が「今の自分そのもの」。作曲家の遺した作品を、自分の信じる最高のカタチで表現するために日々精進する。だからその自分を通して奏でる演奏は「自分そのもの」だと。

 ○…11月6日には市民文化会館でいせはらフィルと協演、そして12月6日にはクラシック音楽の殿堂といわれる東京文化会館でのリサイタルが予定されている。年末にはドイツへ戻るつもりだ。「地元にずっといると自分を甘やかしてしまうので」と自身を律する姿勢にこちらが居住まいを正してしまう。その地元「伊勢原」の好きな場所は「緑台小学校の裏山の景色」。「たぶん自分の心の奥に子どもの頃に親しんだ風景があるのだと思います」とうれしい答えが戻ってきた。

伊勢原版の人物風土記最新6件

小倉 大知さん

11月17日・18日に産業能率大学の学園祭「瑞木祭」実行委員会の代表を務める

小倉 大知さん

11月9日号

勝田 康治さん

結成20周年の「ジャズアンサンブル阿夫利」でベースと楽譜管理を担当する

勝田 康治さん

11月2日号

櫻井 志保さん

サポセンイベント準備委員会の委員長を務める

櫻井 志保さん

10月26日号

葛貫 恵美子さん

「題名のない音楽会」でオーケストラをバックにオカリナを披露した

葛貫 恵美子さん

10月19日号

江口 昇吾さん

伊勢原観光道灌まつりで行うクリーンキャンペーンのリーダーを務める

江口 昇吾さん

10月12日号

庄司 隆さん

雨岳ガイドの会のメンバーで企画展「大山寺と阿夫利神社」の責任者をつとめる

庄司 隆さん

10月5日号

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月9日号

お問い合わせ

外部リンク