神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
伊勢原版 公開:2024年3月1日 エリアトップへ

3人制プロバスケチーム「スピナーズ エグゼ」の球団代表を務める 松尾 正太さん 高森在住 47歳

公開:2024年3月1日

  • X
  • LINE
  • hatena

スポーツの楽しさ次代に

 ○…3人制バスケットボールプロリーグに今シーズンから新規参入する。「バスケットボール文化を伊勢原に」をスローガンに掲げ、伊勢原市、秦野市、厚木市をホームタウンに活動する。「バスケだけでなく、さまざまなスポーツを地域に根付かせ、地域とスポーツを繋ぐ『ハブ』を目指す」と自信を覗かせる。

 ○…新潟県出身。父親の影響で幼稚園年長の頃から剣道を始める。指導する大人たちが優しく、温かい雰囲気のコミュニティが好きだった。「スラムダンク」をきっかけに中学でバスケにはまり、高校ではラグビーも始め、2年連続で花園にも出場した。体育の教員を目指していたことから、日本体育大学に進み、上京。ニュージーランドに行った際、地域密着型のスポーツクラブが確立していたことに衝撃を受け、コミュニティビジネスに興味をもった。「今思えば、剣道の道場で感じていた思い。スポーツコミュニティができれば、若者の雇用創出にもなる」と語る。

 ○…卒業後、スポーツクラブなどを運営する会社でトレーナーなどを経て、現在はコンビニジムの店舗開発に携わる。結婚を機に25歳の時に伊勢原へ。地元でバスケットチームを作り、楽しんでいたが、「体育人としての最後の使命として、子どもたちにスポーツの楽しさを味合わせてあげたい。誰かが始める必要があった」と思いを語る。

 ○…「バスケは多様性のスポーツ。年齢、性別問わず楽しめる。シニア向けのチームも作っていけたら良い」。スポーツのコミュニティを増やすことで、人口も増え、まちの活性化に繋がることを知っている。「バスケをしてる時が一番楽しい。仕事の気分転換にもなっている。60歳まではやりたい」とほほ笑む。

伊勢原版の人物風土記最新6

田渕 勝彦さん

比々多神社雅楽会の代表を務める

田渕 勝彦さん

桜台在住 66歳

5月24日

西野 節(みさお)さん

聖峰(ひじりみね)世話人会の会長を務める

西野 節(みさお)さん

三ノ宮在住 68歳

5月17日

滝沢 省吾さん

伊勢原手作り甲冑隊の5代目隊長に就任した

滝沢 省吾さん

上粕屋在住 83歳

5月10日

平野 杏子さん

平塚市美術館で「平野杏子展」を開催している

平野 杏子さん

伊勢原市出身 94歳

5月3日

増田 文彦さん

伊勢原市消防団の消防団長に4月1日付で就任した

増田 文彦さん

日向在住 58歳

4月26日

冨手 和行さん

フォーミュラドリフトジャパン(FDJ3)のカテゴリーで年間2位になった

冨手 和行さん

上粕屋在住 42歳

4月19日

あっとほーむデスク

  • 4月5日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

  • 1月26日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook