小田原版 掲載号:2014年3月1日号
  • googleplus
  • LINE

市内の小中学校を訪問し戦争体験を語り伝える 飯田耀子(あきこ)さん 市内浜町在住 80歳

歴史に尋ねる 生きた証

 ○…1945年8月15日未明と記憶している。住んでいた浜町周辺が、火の海に包まれた。それから69年が経ったいま、小学6年生で経験した空襲と玉音放送、その後の終戦体験を、現代を生きる子どもたちに語り続けている。

 〇…現在代表を務める「戦時下の小田原地方を記録する会」には、30年以上前から参加。「小田原市を含む2市8町が、戦争とどう関わったのか」。疑問を持ち、多くの証言を集めようと考えたのがきっかけだ。歴史を調べ続けると、自分の生きた時代に起きたことが分かってきた。

 〇…「終戦当時、わたしはみんなと同じ6年生でした」。小学校での講話会はこう始まる。8月になると耳につくようになるという飛行機の音と、断片的ながらも脳裏に刻まれている戦争の記憶。張りつめた緊張感の中で、日常を顧みなくなるのが「戦争の恐ろしさ」。ささやかなおしゃべりが楽しみという青春だった。「戦中・戦後を必死で生き抜いてきた祖父や祖母がいて、あなたたちがいる。みんなは求められた、かけがえのない命なのよ、って言うんです」

 〇…大学卒業後、箱根町の仙石原中学校をはじめ、5校で教員生活を送った。定年後、子どもたちのために始めた講話会は、ライフワークになった。始まる前は体調がすぐれなくても、杖を片手に話しはじめると、途中から杖を置き、夢中になってしまう。「伝えなきゃ、という思いで気合が入るのかな」と照れ笑いを浮かべた。

 〇…30年以上も語り続ける秘訣は「支えてくれる周囲の人と、自分の内に湧きあがる好奇心」と、柔和な笑みをたたえる。3度の食事はすべて手作り。月に1度の歌声喫茶やフィットネスなど、エネルギッシュな毎日だ。活動に余暇に、人生を謳歌している。だが「やりたいことはまだ半分しかやってない」と、口元を引き締めた。そして「100歳までがんばらなきゃね」

星槎国際小田原 4月1日開校

多様な選択肢を持つ、生徒が主役の高校 入学、転編入の個別相談も4月2日~

http://www.seisa.ed.jp/

<PR>

小田原版の人物風土記最新6件

剣持 港さん

青年海外協力隊としてルワンダに派遣された

剣持 港さん

3月31日号

林 美禰子(みねこ)さん

相模人形芝居下中(しもなか)座の座長を務める

林 美禰子(みねこ)さん

3月24日号

神保 貴史さん

競技かるた愛好者の「小田原かささぎ会」の会長を務める

神保 貴史さん

3月17日号

白坂 一さん

特許事務所の所長、IT企業の社長として活躍する

白坂 一さん

3月10日号

高村 完二さん

小田原市観光協会DMO推進マネージャーを務める

高村 完二さん

3月3日号

森 隆信さん

瀬戸酒造の自家醸造を復活させた

森 隆信さん

3月2日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

若手木工職人の作品展

若手木工職人の作品展

根付コンペも実施

3月25日~4月8日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月31日号

お問い合わせ

外部リンク