小田原版 掲載号:2018年3月24日号
  • googleplus
  • LINE

相模人形芝居下中(しもなか)座の座長を務める 林 美禰子(みねこ)さん 酒匂在住 73歳

笑顔とともに伝統を継承

 ○…伝承によると始まりは江戸時代後期、村を訪れた人形遣いが伝えた人形芝居。かつては地元の農民が、現在は市民の手で受け継いでいる下中座の座長を務める。継承する「相模人形芝居」は国の重要無形民俗文化財だ。「身近なところにあって実際に演じることもできる。やらない手はない」と若々しい笑みをこぼす

 ○…横浜生まれ。高校では新聞部でペンをふるう「少し生意気」な生徒だった。1週間に女生徒は家庭科が4時間あり、技術科が2時間だけの男子生徒は早く帰れることに「これは変です」と校長に直訴したことも。東京教育大(当時)で国文学を専攻する中で相模人形芝居に出会い、卒業論文の研究テーマにもした。活動の「最大の理解者」というご主人は当時東大生。週1回のデートでは共通の本を読んで意見を述べあったと、頬を赤らめる。卒業後、そして結婚し2男1女の育児がひと段落も、相模人形芝居の研究を続けてきた。

 ○…後継者育成のために橘中学校、二宮高校で部活の指導にも力を注ぐ。1体の人形を3人で操る「三人遣い」で、芝居を演じられる様になるまで教えるのは根気がいるが、「スポットライトの輝きと拍手を浴びると一皮むけることがあるの」。引っ込み思案だった生徒が、公演をきっかけに自信をつけ何事にも積極的になる。度々見てきたその姿を思い出しながら目を細める。感動を体験した部員が、卒業後に座員になることも少なくない。

 ○…目下の目標は、地元ゆかりの『曽我兄弟の仇討ち』を上演すること。相模人形芝居用の脚本と音楽の作曲は完成しているが、「どうしたらいいか」と困り顔。新たな人形の衣装や小道具をそろえるのに、多くの文化団体の例に漏れず資金が不足しているという。「小田原を全国に発信する良い機会にもなると思うんです」と、困難な状況の中でも目を輝かせる。観客席を包み込むような拍手を想像しながら、未来への歩みは続く。

小田原版の人物風土記最新6件

佐藤 泰彦さん

御幸の浜海水浴場などでライフガードの総括責任者を務める

佐藤 泰彦さん

7月21日号

田代 守孝さん

小田原かまぼこ通り活性化協議会の会長を務める

田代 守孝さん

7月14日号

飯山 智史さん

協力者マーク「マゼンタ・スター」を考案した

飯山 智史さん

7月7日号

高瀬 恵さん

地元の偉人を伝える活動をしている久野北条幻庵顕彰会の会長を務める

高瀬 恵さん

6月30日号

高井 治さん

関東学院大学 材料・表面工学研究所の所長に就任した

高井 治さん

6月23日号

小松崎 和夫さん

小田原剣道連盟の会長に就任した

小松崎 和夫さん

6月16日号

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

子ども向け実験教室

参加無料

子ども向け実験教室

8月1日 関東学院大学で

8月1日~8月1日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月21日号

お問い合わせ

外部リンク