小田原版 掲載号:2018年5月5日号
  • LINE
  • はてぶ

経営する企業が経済産業省から地域未来牽引企業に選定された 小岩井 豊己さん (株)コイワイ代表取締役社長 65歳

原点は家内工業の温もり

 ○…生業とする鋳造の仕事は、3K(きつい・汚い・危険)が代名詞。しかし、「それで良し」と開き直り、イメージを覆そうという考えに至らなかったことを悔いる。「モノづくりに無関心な若者が増えたのは、現場の努力不足もある」。小田原に本社を移して6年。女性や障害者も働きやすい職場環境を整えた今、地域経済を牽引するためにも、モノづくりの魅力を次世代へ伝えたいと意欲を燃やす。

 ○…中学3年の頃、脱サラした父が秦野市で鋳造所を開業。昼夜を問わず懸命に働く、今は亡き父の姿が脳裏に浮かぶ。「正月明けすぐに製品が欲しいと言われたら、年末年始も働きづめ。お客様の期待に応えたい思いが強い人だった」。29歳で会社を継承。2007年には業界で初めて3Dプリンタを導入した。企業規模を考えれば一大決心が必要なほど高価だが、「デジタル化する取引先のニーズに応えないと」と、父譲りの顧客第一の思いが背を押した。

 ○…「人生のひと区切り」と捉える還暦を前に、59歳で走り始めた。「スポーツ歴はゼロ」と笑うが、ランニング教室で妻と練習に励み、湘南国際マラソンを完走して走る楽しさに目覚めた。以来、フルマラソンに挑戦したこと4度。昨年に疲労骨折と診断されたが、「スポーツ選手みたいで嬉しかった」。

 ○…世界進出の第一歩として、目前に控えたインド工場開設。近年は国家事業に参画、航空宇宙部品の開発に携わる。かつては求人に応募がなく悩んだ時期もあったが、今や秦野から小田原を経て、海外そして宇宙へ飛び出さんばかり。それでも「社員や協力メーカーの方の生活向上の手段です」と慎ましい。始まりは社員10人足らずの家内工業。家族総出で父を支えた原点を忘れない。

小田原版の人物風土記最新6件

松本 育さん

2018「木のクラフトコンペ」大賞を受賞した

松本 育さん

11月17日号

古川 達高さん

(一社)かながわ西観光コンベンション・ビューローの代表理事を務める

古川 達高さん

11月10日号

菅原 明仁さん

文化祭でモザイクアートの制作を指揮した

菅原 明仁さん

11月3日号

齊藤 美紀雄さん

2019年3月で閉鎖する小田原少年院の院長を勤める

齊藤 美紀雄さん

10月27日号

益田 亮さん

全日本リアルファイティング武道空手道選手権で優勝した

益田 亮さん

10月20日号

長谷川 孝さん

神奈川県小田原市倫理法人会の会長に就任した

長谷川 孝さん

10月13日号

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小田原で先行上映会

映画「二宮金次郎」

小田原で先行上映会

1月6日 舞台挨拶も

1月6日~1月6日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク