小田原警察署の署長に就任した 野崎 剛志さん 小田原市城山在住 57歳

掲載号:2020年12月26日号

  • LINE
  • hatena

人を守り抜く使命を胸に

 ○…2017年の鎌倉警察署に続き、これが2度目の署長職就任。長年の経験を振り返っても、県西部での勤務は初めてという。「ここは自然が豊かで、人々の温かさを感じる地域。新鮮な気持ちであるとともに、1市3町という広い管内の治安を守ることへの緊張感もあります」。大役を担い、凛々しい表情で思いを語る。

 ○…綾瀬市出身で、高校時代に警察官を志した。「憧れの職業だったし、母子家庭で育ったので、何より母を早く安心させたかった」。卒業後、警察官として歩み出して以後は、交番勤務などを経て機動隊にも所属。日航機墜落事故では現場に駆け付け、遺品などの捜索や回収に奮闘した。事故や災害の最前線などで約10年間活動し、隊長も務めたほか、警備課でも10年以上のキャリアを積み、テロ対策などの計画作成に尽力した。

 ○…趣味の分野では、若い頃から音楽が好きで、高校時代はバンドを結成してサックス演奏に夢中になった。今でも特にジャズに心惹かれ、渡辺貞夫のコンサートに行ったのが良い思い出。「ジャズの巨人」と称されるマイルス・デイヴィスの演奏もお気に入りで「今でも聴く度に癒される」という。自宅がある横浜市に、妻と大学4年生の息子を残す単身赴任の日々だが、音楽などを息抜きに、職務に臨む。

 ○…これまでの経験から学んだのは「現場を見ずして計画は立たない」という、現場主義の大切さ。「同じ場所でも昼と夜では状況が違うし、時代が変われば脅威も変わる。現場を肌で感じることを、今も大切にしています」。署長として特に力を入れたいのは、交通安全の啓発活動や特殊詐欺対策。自身の経験や知恵を総動員し、「街に潜む脅威から、地域住民を守り続けたい」。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

高橋 正さん

2月1日に湯河原町の副町長に就任した

高橋 正さん

湯河原町在住 65歳

2月27日号

渡部(わたなべ) 健さん

EV特化型のカーシェアリング事業を手掛ける(株)REXEV代表取締役社長

渡部(わたなべ) 健さん

都内在住 43歳

2月20日号

江坂 遼さん(本名:鍋島一博)

『小説信金破綻』を自費出版した

江坂 遼さん(本名:鍋島一博)

湯河原町在住 66歳

2月13日号

宇野 務さん

ミナカ小田原の金次郎広場にある「映画二宮金次郎 夫婦像」を制作した

宇野 務さん

小田原高校非常勤講師 63歳

2月6日号

野田 ひろみさん

日本スポーツ協会公認スポーツ指導者等表彰を受けた

野田 ひろみさん

小田原市寿町在住 63歳

1月30日号

伊藤 和生さん

1月1日付で箱根町副町長に就任した

伊藤 和生さん

箱根町在住 49歳

1月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク