港南区版 掲載号:2014年5月29日号

新人議員による市政報告㉞

臨時給付金に専用ダイヤル

公明党横浜市会議員団 安西ひでとし

 消費税増税の影響を軽減するため、公明党が主張し、支給することになった「臨時福祉給付金」と「子育て世帯臨時特例給付金」について、横浜市はフリーダイヤルの専用コールセンターを開設しました(※給付金の概要は表を参照)。

 電話番号は【フリーダイヤル】0120・400・575で、受付は全日午前9時から午後6時まで(土曜・日曜・祝日・年末年始も対応)。設置は2015年2月28日までです。日本語だけではなく、英語、中国語、韓国語にも対応しています。

 支給の申請期間は7月中旬から15年1月中旬までを予定しており、支給開始は8月以降です。また、両給付金の対象と思われる人には、7月中旬頃に郵送で案内が届く予定です。

小学校にヘルメット

 市立小学校の児童に対し、携帯型防災ヘルメットが配備されます(14年度は1学年分)。

 配備されるヘルメットは、落下物や火災から頭部・首を守り、平常時は収納に場所をとらない形状のものになる予定です。

 子どもたちの災害時の安全性向上に加え、児童が自らの安全を守る「自助の意識」を養うための学習教材の1つとしての役割も期待されます。

肺炎球菌ワクチン

 高齢者の肺炎球菌による疾病の発生や重症化を予防するため、本年10月から、肺炎球菌ワクチンの接種に公費負担が実施されます。

 対象は、65歳以上の方で、65歳、70歳、と5歳おきの年齢での実施となります。想定では接種費用は3000円、生活保護・市民税非課税世帯は無料と見込まれています。

安西英俊市議

TEL:045-671-3023

http://anzai-hidetoshi.com/

港南区版の意見広告・議会報告最新6件

プラスαの魅力で「横浜型IR」

市会議員 たのい一雄 市政報告

プラスαの魅力で「横浜型IR」

1月19日号

未来に責任この国を前に進める

国・県・市で連携し重要政策の立案、実現へ

今年は横浜発展の好機

自民党 市会議員 たのい一雄

今年は横浜発展の好機

1月1日号

断固として県民の安全安心を

自民党  県議会議員 桐生ひであき

断固として県民の安全安心を

1月1日号

地域の視点で防災・減災を

自民党 市会議員 せのま康浩

地域の視点で防災・減災を

1月1日号

関連記事(ベータ版)

港南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/