緑区版 掲載号:2011年9月8日号
  • googleplus
  • LINE

秋の田んぼにかかしの姿 8体が順調に育った稲穂見守る

 新治市民の森近くの田んぼにこのほど8体のかかしが立ち、収穫前の稲穂を見守っている(=写真)。

 同たんぼを管理している『新治谷戸田を守る会』(飯田泰一会長)は、6月上旬に会員らの手で種から育てた苗を植えた。同会によると8月中旬には穂が出だし、順調に生育しているという。今月10日以降には稲刈りが予定され、大きく育った稲穂が収穫の時期を控えており、昨年並みの1t弱の収穫量を見込んでいる。

 飯田会長は「稲の白い花が咲く8月上旬前後に降った雨と、夏場の日照時間が多かったのが良い状況につながったのでは」と話した。
 

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

緑区版のローカルニュース最新6件

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク