緑区版 掲載号:2012年4月26日号
  • googleplus
  • LINE

ナシ生産農家 授粉作業ピーク迎える 開花は例年通り

文化

ナシの花と受粉作業(写真は今月19日撮影)
ナシの花と受粉作業(写真は今月19日撮影)

 今月上旬から区内小山町や北八朔町を中心に白いナシの花が咲き始め、中旬にかけて生産農家では授粉作業のピークを迎えた。

 小山町で40年以上果樹の生産を続けている落合園(落合清治園主)でも、花の咲き始めに合わせて今月15日から作業を開始。羽毛でできた凡天の先に花粉を付け、一つひとつの花に手作業で授粉させていた。

 落合さんによると「今年は桜の開花が遅れていたので少し心配したが例年通りに咲いた。授粉作業中の気温は18度から20度が最適だけど、15度以上あれば問題はない」と話した。

 5月に入ると実は小豆大になり余分な実以外を間引く摘果作業が行われる。8月中旬には「幸水」、「豊水」は8月下旬から9月上旬に収穫時期を迎える。

 横浜市内で生産されるナシは”浜なし”として知られており、各農家の庭先での直売が中心で市場には出回らないのが特長。
 

緑区版のローカルニュース最新6件

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

礒井純充氏が講演会

礒井純充氏が講演会

「まちライブラリー」語る

2月25日~2月25日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク