緑区版 掲載号:2012年7月5日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

シリーズ【3】ハイビジョン胃内視鏡 経鼻内視鏡とどう違うのか?

平島徹朗 院長国立がん研究センター中央病院内視鏡部などで世界最高水準の内視鏡診断や内視鏡治療を修得。
平島徹朗 院長国立がん研究センター中央病院内視鏡部などで世界最高水準の内視鏡診断や内視鏡治療を修得。

 内視鏡検査には口からカメラを挿入する「ハイビジョン経口内視鏡」と鼻から行う「経鼻内視鏡」がある。国立がん研究センター等で内視鏡診断の修得に励んだ平島院長はハイビジョン胃内視鏡を導入。ミリ単位の病変発見を目指している。毎月”がん”をテーマに連載。今月は「ハイビジョン胃内視鏡」と「経鼻内視鏡」との違い。

 「見逃されてしまうような微細な病変の早期発見をするには、検査時の”画像の解像度”が重要です」。鼻から挿入する経鼻の場合、細い鼻腔に通すため、カメラの管は細く、観察レンズも小さい。「また、視野が狭いため、画像の解像度が低く、光源も暗くなりがちです」。そこで同院は、広い視野や高解像度、明るさをより確保できるハイビジョン胃内視鏡を導入。「管は経鼻に比べ若干大きいですが、身体の負担を少なくするため、軽い鎮静剤を用いた”オエッ”とならない身体に優しい検査を行っています」

 軽い鎮静剤を用いたハイビジョン胃内視鏡では、胃に空気を入れて表面を十分に伸ばすことができるため、ヒダの間に隠れた微小な病変も発見し易い。同院では、病変を100倍拡大できる機能や悪性度が分かる特殊染色・特殊光(NBI)を併用した診断も行っている。

【次回は、鎮静剤使用の利点について】
 

たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

横浜市青葉区新石川3-14-12

TEL:045-914-7666

http://www.tamapla-ichounaika.com/

緑区版のピックアップ(PR)最新6件

夢膨らむシック&モダン

2/24(土)・25(日)完成見学・販売会

夢膨らむシック&モダン

2月15日号

「不動産トラブル相談して」

「サンデー見学会」を初開催

グランドマスト横浜鴨居

「サンデー見学会」を初開催

2月8日号

鉄則は”3社以上の相見積もり”

気持ちよく歌えるボーカル

楽しい!

気持ちよく歌えるボーカル

2月1日号

「バディランツァーレ」関東大会へ

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

礒井純充氏が講演会

礒井純充氏が講演会

「まちライブラリー」語る

2月25日~2月25日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク