緑区版 掲載号:2012年10月11日号
  • googleplus
  • LINE

まち展示スタート 創造と森の声

駅を利用する人たちを楽しませている
駅を利用する人たちを楽しませている

 区内の芸術イベント「創造と森の声2012」(GROUP創造と森の声主催)のまち展示が10月8日から始まっている。展示期間は10月27日(土)まで。横浜市営地下鉄中山駅通路スペースやラブニール橋にワークショップで制作された作品などが展示されている。

 同イベントは、横浜動物の森公園予定地(三保町2811)を会場に行われており、今年で16回目の開催。7月から9月までを森のワークショップ期間とし、森にある間伐材などを使用し制作。今回のまち展示では、美術家の石黒和夫氏=人物風土記で紹介=を講師に招いて行われたワークショップ「食べたいものを彫る」で制作された、かぼちゃや魚などをかたどった作品が、並べられている。

美術展は21日から

 21日(日)からは、横浜動物の森公園予定地で「横浜の森美術展5」が行われる。石黒氏を含めた10人の作家が制作した作品が展示される。

 また、オープンとなる21日には、会場で森のコンサートも予定されている。「森とアートの融合をぜひ見て頂ければ」と石山克幸実行委員長。

 詳細は【電話】045・933・1460事務局まで連絡を。
 

緑区版のローカルニュース最新6件

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

礒井純充氏が講演会

礒井純充氏が講演会

「まちライブラリー」語る

2月25日~2月25日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク