緑区版 掲載号:2012年10月25日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

どんなに古い家でもOK、お部屋まるごとシェルター 建物がこわれても、この部屋は大丈夫 地震が来たら「耐震用安全ボックス」に集合!

▶鉄骨の骨組みが、壁の中に組み込まれる
▶鉄骨の骨組みが、壁の中に組み込まれる
 「寝ている時に地震が来て、家が潰れてしまったら…」「家が古く、昨年の地震以来、リフォームを考えている」―耐震リフォーム検討中の方に新たな選択肢を提供するのが、今年5月に発売されたアップルホームの新商品『耐震用安全ボックス(特許出願中)』。

 一般にシェルターとは地下や家の外に備え付けるも

のだが、同商品は木造建物内の一部屋に鉄骨製のボックスを構築、見た目は普通の部屋と変わらない「シェルター」をつくるというもの。既存の建物を利用するので工期も約1週間と短期間。価格は4畳半タイプ98・8万円〜。他に6畳、8畳タイプもあり建物全体の老朽化が激しい場合、耐震フルリフォームを行うより経済的でもある。

命より大切なものはない

 阪神大震災で2階建て木造住宅は、比較的新しい家でも1階が潰れることが多かったとの記録が残っており(日本木造住宅耐震補強事業者協同組合資料より)「昨年の震災以来、耐震に不安を感じているお客様が増えており、新商品開発に踏み切りました」と同社。資料請求、問合せは左記迄。

壁の中に安全ボックスを施工している。和室への施工も可能
壁の中に安全ボックスを施工している。和室への施工も可能
阪神大震災では、比較的新しい家も1階が倒壊
阪神大震災では、比較的新しい家も1階が倒壊

㈱アップルホーム

横浜市都筑区荏田東4-5-4

TEL:0120-18-5963

http://www.apples-home.co.jp

緑区版のピックアップ(PR)最新6件

夢膨らむシック&モダン

2/24(土)・25(日)完成見学・販売会

夢膨らむシック&モダン

2月15日号

「不動産トラブル相談して」

「サンデー見学会」を初開催

グランドマスト横浜鴨居

「サンデー見学会」を初開催

2月8日号

鉄則は”3社以上の相見積もり”

気持ちよく歌えるボーカル

楽しい!

気持ちよく歌えるボーカル

2月1日号

「バディランツァーレ」関東大会へ

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

礒井純充氏が講演会

礒井純充氏が講演会

「まちライブラリー」語る

2月25日~2月25日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク