緑区版 掲載号:2012年12月20日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

串田設備の水廻り話【3】 給湯器の相談が多くなるのはなぜ? 冬の時期だからこその理由

 地元鴨居で創業約30年の「串田設備」(串田賢司代表)が紹介する水廻りの話。3回目は「給湯器」。

 「この時期は『温まらなくなった』という給湯器の相談が多いですね」と話す串田代表。相談が多くなる理由について【1】一年で一番使用頻度があがる【2】温度差、をあげている。「お風呂の追い炊き、食器洗いなど、お湯の使用は多くなります。給湯器は壊れにくいと思われがちですが、実は消耗品です。寿命も7〜10年と言われており、定期的なメンテナンスが必要ですね」

 また、冬場は5、6℃の水から一気に35〜40℃まで温度を上げるため、夏場に比べ給湯器への負担も多くなる。「雨がふきつける場所に設置されているボイラー給湯器を使用している人は屋根などをつけて対策を講じると、長く使用できるのでは」

給湯管の漏水も確認

 串田代表によると、最近では鉄製の給湯管で、漏水や腐食も確認されているという。「漏水となると、交換が必要になってきます。こうなる前に一度、相談してもらえると、修理か交換のアドバイスをさせて頂けます。最近では、燃料、水が節約できる製品もありますので、ぜひご相談を」
 

串田設備

横浜市緑区鴨居町2544

TEL:045-935-5345

info@kushida-wss.co.jp

緑区版のピックアップ(PR)最新6件

夢膨らむシック&モダン

2/24(土)・25(日)完成見学・販売会

夢膨らむシック&モダン

2月15日号

「不動産トラブル相談して」

「サンデー見学会」を初開催

グランドマスト横浜鴨居

「サンデー見学会」を初開催

2月8日号

鉄則は”3社以上の相見積もり”

気持ちよく歌えるボーカル

楽しい!

気持ちよく歌えるボーカル

2月1日号

「バディランツァーレ」関東大会へ

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

礒井純充氏が講演会

礒井純充氏が講演会

「まちライブラリー」語る

2月25日~2月25日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク