緑区版 掲載号:2014年6月19日号 エリアトップへ

パラトライアスロン横浜大会 豪選手救った町工場 旭区の職人 競技車を修理

スポーツ

掲載号:2014年6月19日号

  • LINE
  • hatena
工場内で作業をする、長谷川社長
工場内で作業をする、長谷川社長

 5月17日に山下公園周辺=中区=で開催された「2014世界トライアスロンシリーズ横浜大会」。その2日前、大会出場のため来日したオーストラリア人選手の競技用車いすが、飛行機での運搬中に破損。大会出場断念もやむを得ないこの窮地を救ったのは、旭区都岡町の町工場「(有)長谷川製作所」(長谷川秀夫社長)だった。

 競技用車いすが破損してしまったのは、「2014世界トライアスロンシリーズ横浜大会」パラトライアスロンの部に出場したニック・ビバリッジ選手。運搬中のトラブルで車体のフレームが折れたり、ひびが入るなど走行不能な状態になってしまった。ビバリッジ選手がこの事態に気が付いたのは15日。同選手と関係者は、すぐに修理できそうなところを調べ、千葉県にある競技用車いすメーカーに依頼した。しかし、他社メーカーということもあり、対応してもらえなかったという。

職人魂で即日修理

 そんな中、大会関係者の楠里紗さんが、知人の長谷川裕一さんの父が町工場を営んでいることを思い出し連絡。裕一さんを通じて、長谷川社長と連絡を取ることができた。

おもてなしの心で対応

 長谷川社長がこの窮地を知ったのは15日午後10時ごろ。車体の状況を聞いた長谷川社長は「1回乗るだけなら何とかできる」と思い快諾をした。

 破損した車体とビバリッジ選手、オーストラリア人監督とメカニック、楠さんが同社を訪れたのは翌朝16日午前9時半ごろ。長谷川社長はすぐに破損箇所を確認し、フレームの割れている箇所を溶接し、ゆがみを修正。正午には試乗できるまでになり、微調整などを行い午後2時ごろにはすべての作業が完了した。「せっかく、大会出場するために横浜に来たのに、レースに出られないんじゃかわいそうだからね」。長谷川社長の職人魂とおもてなしの気持ちが、短時間での修理につながった。

豪選手5位入賞で恩返し

 そして迎えた17日の大会。無事出場したビバリッジ選手は、「PT1-M」のカテゴリーで見事5位に入賞することができた。レース結果を聞いた長谷川社長は「5位になったって聞いて嬉しかった。競技用車いすは特殊で代替がきかないもの。選手がけがをした訳ではないのに、レースに出場できないのは本当にかわいそうなこと。もう少しバックアップ体制が整うといいですね」と話した。
 

緑区版のローカルニュース最新6

消防音楽隊の指導受ける

十日市場中吹奏楽部

消防音楽隊の指導受ける 社会

23日 ららぽーとで演奏会

9月19日号

怒らない方法を伝える

怒らない方法を伝える 文化

栗原加代美氏が講演

9月19日号

鴨居駅周辺で査察

鴨居駅周辺で査察 社会

ラグビーw杯を見据え

9月19日号

一部を保存、ホテルに

現市庁舎

一部を保存、ホテルに 社会

エンタメ施設やオフィス、大学も

9月19日号

縄文時代の落とし穴とは

縄文時代の落とし穴とは 文化

横浜の遺跡展で講演会

9月19日号

認知症を防ぐために

認知症を防ぐために 文化

10月11日に講演会

9月19日号

「ヴェネチア室内合奏団」公演

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク