緑区版 掲載号:2015年2月19日号 エリアトップへ

横浜市 妊娠相談 初の専門窓口 来年1月 設置へ

掲載号:2015年2月19日号

  • LINE
  • hatena

 妊娠、出産の悩みに特化して聞き役になる「妊娠SOS相談窓口(仮称)」を、横浜市が来年1月に初めて設置する。予期しない妊娠や、経済的な事情など不安を抱える妊婦を孤立から守り、行政や専門機関への橋渡しなど支援につなげたい考えだ。事業の委託先の選定や相談員の研修等を経て、運用を始める。

電話とウェブで受付

 市こども青少年局によると、窓口利用者は主に「若くして妊娠した」「出産や養育に自信がない」など、潜在的に支援を必要としている妊婦を想定。電話とウェブサイトを通じて相談できる仕組みで、相談員には民間組織への外部委託を検討する見通し。委託先を選定後、来年1月までに相談員や対応を引き継ぐ区職員向けの研修を行う予定だ。

潜在的ニーズにも対応

 市ではこれまで「女性の健康相談」として、各区のこども家庭支援課が相談に幅広く対応。同局によると、2013年度の利用件数は18区で約1千件に上り、新事業に向け「相談先が分からない、誰にも話せないなど潜在的なニーズにも応えていきたい。出産費用の助成紹介や里親相談など、支援のあり方を一緒に考えられれば」と方向性を示す。

虐待抑止効果に期待

 厚生労働省の調査によると、2003年から12年度までの10年間で、心中を除く虐待で死亡した生後1カ月未満の乳児は全国で111人。そのうち8割以上は生後24時間以内に命を落としている。加害者の9割は実母で、19歳以下は約3分の1。望まない妊娠が7割を占めており、事前の把握や対応が難しいという。

 市内4カ所の児童相談所での児童虐待の「相談・通告受理件数」は13年度で4209件(表)。4年で2倍近くに増えており、同局は「予期しない妊娠、出産が虐待の一因にも。素早い対応が必要」と警笛を鳴らす。

 県のモデル事業「妊娠SOSやまと」では、大和市の県厚木保健福祉事務所大和センター内に電話相談窓口を設置。週2日の開設で、昨年9月の開始から利用件数は延べ12件(2月16日時点)にとどまる。

 一方、大阪府の同様の事業では13年度、平日開設で年間延べ2千件超の相談に対応。

 同局は「交通機関への掲示、高校や大学向けの啓発に努めたい」とし、「スマートフォン専用ページの開発など利便性も重視する」と利用者増を目指す。
 

緑区版のローカルニュース最新6

「安全なくして発展なし」

「安全なくして発展なし」 社会

安全推進大会を開催

12月3日号

本当の幸せとは?

ドキュメンタリーを上映

本当の幸せとは? 文化

アートパークで20日

12月3日号

テレビ集会で55周年祝う

テレビ集会で55周年祝う 社会

十日市場小学校

12月3日号

「全ての人を元気にしたい」

鴨居商栄会

「全ての人を元気にしたい」 社会

イルミネーション点灯

12月3日号

冬野菜を収穫 

山下農園

冬野菜を収穫  文化

「大きく育ってうれしい」

12月3日号

バイオリンと書の共演

バイオリンと書の共演 文化

高嶋英輔さんソロライブ

12月3日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月12日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク