緑区版 掲載号:2015年10月15日号 エリアトップへ

(PR)

横浜健育センター横浜健育高 新校舎完成、教育が充実へ 軽度知的・発達障がい者 支援

掲載号:2015年10月15日号

  • LINE
  • hatena
木造づくりのモダンな新校舎
木造づくりのモダンな新校舎

 軽度の知的障がいや発達障がいがある高校生を支援する「横浜健育高等学院」が8月末に港北区新横浜の校舎からJR小机駅徒歩5分の新校舎に移転し、10月から教育内容をさらに充実させている。

 昨年7月に「教育と福祉が一体となった新しい形」として社会福祉法人同愛会によって誕生した同校。現在、56人の生徒が高校生活を謳歌している。今回の移転はさらなる教育・支援の充実と、「生徒に母校を」との願いから実現されたものだ。

 同校はクラーク記念国際高等学校と連携しており、全課程を修了すると、高等学校の卒業資格を取得できる。障がいの特性を踏まえながら、午前中は教科学習、午後はスポーツやSSTなどを通じて、自立した生活を送ることができるプログラムを提供している。

就労支援にも実績

 また、同校は学業を終えた人たちに向けた「就労移行センター」も併設。ここには、現在11人が在籍し、社会人として必要な知識・体力・技術の習得と就職の支援を行っている。

 新設された厨房を活用し、約60人分の給食の調理を職業訓練の一環として利用者が行うほか、多彩なキャリアトレーニングを通じて、働く力を身に付けさせている。

 また、施設の拡大に伴い、職員の募集も実施中。詳細は表参照。

社会福祉法人同愛会 横浜健育センター

神奈川県横浜市港北区鳥山町968番地

TEL:045-945-9012

http://www.douaikai.com/yokohama-keniku/

緑区版のピックアップ(PR)最新6

寝たきりにならないための定期健診を

”赤ひげ先生”に聞く歯科医療 68

寝たきりにならないための定期健診を

十日市場・みどり歯科医院

7月18日号

地元企業ならでは「ちょこっと改修」

串田設備の水廻り話73

地元企業ならでは「ちょこっと改修」

気になる点は水回りのプロに相談を

7月18日号

「その手足のしびれ、脳血管障害かも?」

あたまの話【4】

「その手足のしびれ、脳血管障害かも?」

取材協力『ながつた脳神経外科』

7月18日号

「楽器をはじめたい」中高生限定レッスン

「楽器をはじめたい」中高生限定レッスン

ヤマハ音楽教室「山響楽器店」

7月18日号

「神経症状は悪化する前に手術を」

横浜新緑総合病院 整形外科

「神経症状は悪化する前に手術を」

最短1週間で手術も可能

7月11日号

シンプルなのに暮らしやすい家

シンプルなのに暮らしやすい家

株式会社明翔(アスカ)建設 「自慢できる家をこの夏に」

7月11日号

豪雨の前に外廻りの点検を

豪雨の前に外廻りの点検を

バス、キッチン、トイレのリフォームも

7月11日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月18日号

お問い合わせ

外部リンク