緑区版 掲載号:2018年5月10日号
  • googleplus
  • LINE

中大附属高陸上部 全日本競歩でアベックV 中山中出身・吉川さん

優勝メダルを手に笑顔の吉川さん(左)と富樫さん
優勝メダルを手に笑顔の吉川さん(左)と富樫さん

 中山中出身で、中央大学附属横浜中学・高校(袴田兆彦校長)=都筑区=陸上部の吉川絢斗(けんと)さん(高2)と、同部・富樫莉佐子さん(高2)が先月、石川県で行われた全日本競歩輪島大会でアベック優勝した。2人が競歩で表彰台に立つのは初めて。

 同校陸上部では数年ほど前から中長距離の選手が競歩にも取り組み、関東大会や全国大会に出場するなど実績を重ねている。

 指導にあたるのは競歩審判資格「JRWJ」を持つ顧問の常磐信欽さん(42)。常磐さんが生徒に教え5年が経ち、各種大会で活躍する先輩にあこがれ後輩の刺激になっているようだ。

 高校1・2年男子3Kmの部に出場した吉川さんは「初めての遠征で緊張していた」と試合前の心境を振り返る。石川県、富山県、沖縄県などから16人が参加。2位と6秒差の13分9秒でゴールし、初優勝した。

 緑区在住の吉川さんは、一学年上の先輩、平岡昌敏さん(高3)の勧めで今年から本格的に競歩を始めた。早く歩く事よりも基本フォームを身体に叩き込む事に重きを置いたという。「今回優勝することができたことを自信にしてインターハイに向けてさらなる努力をしたい。平岡先輩と一緒に県代表になりたい」と意気込む。中山中の陸上部時代は、長距離1500m・3000のm選手として汗を流した。

 富樫さんは高校1・2年女子3Kmの部にエントリー。初の県外遠征だったが「速いスピードについて積極的に歩くことができた」といい、自己ベストを大きく上回る14分45秒で優勝を果たした。参加女子選手では唯一の14分台の好タイムだ。

 中学時代は機械体操やハンドボール、駅伝と3競技をまたにかけていたスポーツ万能女子。初優勝した富樫さんは「これで満足せずにインターハイでも結果を出せるように頑張りたい」と話す。

 常磐さんは「嬉しい誤算。まさかアベック優勝するとは思ってなかった」と驚きを隠せない。

 2人は現在、6月の南関東大会に向け、トレーニングに励んでいる。
 

緑区版のローカルニュース最新6件

ブロック塀撤去に補助

横浜市

ブロック塀撤去に補助

9月13日号

世界総合V、殿堂入り

フットバッグ石田太志選手

世界総合V、殿堂入り

9月13日号

中山が幻影横丁に

竹とんぼ作りに夢中

老後生活を考える

心をつなぐ珠玉の歌声

タウンニュースホール5周年記念

心をつなぐ珠玉の歌声

9月13日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

多彩な作品ずらり

みどりアートパーク

多彩な作品ずらり

アーツ&クラフツ個展

9月22日~9月24日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月13日号

お問い合わせ

外部リンク