緑区版 掲載号:2018年8月2日号
  • googleplus
  • LINE

自宅でできるリサイクル 土壌混合法を実践

文化

土壌混合法を実践する参加者
土壌混合法を実践する参加者
 山下地域交流センターで7月25日、土壌混合法の勉強会が開催された。山下地区消費生活推進委員会(廣田美穂代表)と山下地区エコ生活を考える会(上田クニ江会長)が共催した。

 土壌混合法とは、生ごみと土を混ぜ合わせることで、土の中の微生物が生ごみを分解し、土を栄養分の多い豊かなものに変える方法のこと。生ごみを出さずに自宅でできるリサイクル法で、庭がなくてもプランターを置くスペースがあればできるという。

 当日は、上田会長が、参加者約20人にやり方を説明。その後、生ごみを包丁で小さく刻み、土壌混合法を実践していた。

 上田さんは「土壌混合法という言葉を知っている人は多いが、実践している人はまだまだ少ない。積極的に人に伝え、ごみの削減につながればうれしい」と話した。

緑区版のローカルニュース最新6件

パン工房SORA

緑区役所すぐ近くに新規オープンしたパン屋

https://www.instagram.com/pankobosora/

<PR>

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク