緑区版 掲載号:2018年10月4日号
  • LINE
  • hatena

みどりスタジオ ディスコで交流促進 障害者もシニア、子どもも

文化

ミラーボールの下で踊る参加者
ミラーボールの下で踊る参加者
 北八朔町のみどりスタジオで9月29日、「MidoRiDisco〜心のバリアフリー〜」が開催された。

 同イベントは、障害のある人や子ども、シニアなど、みんなで楽しめる場を作りたいと初めて企画された。

 みどりスタジオ代表の小島真由美さんは、学生の頃から福祉に関心を持っていたという。知り合いから障害者も一緒に楽しめるディスコの話を聞き、「みどりスタジオでもやってみたい」と感じた。その後、障害者も楽しめるディスコを実際に見学。「車椅子に乗っている人も、本当に楽しそうに踊っている姿が印象的だった。開催への思いが強くなった」と振り返った。小島さんは、「多くの人の協力があったからこそ、企画を実現できた」と笑顔だった。

 当日は、MCやDJも駆けつけ、会場を盛り上げていた=写真。参加者の前川こころさんは「ディスコが大好き。みんなで踊って楽しむことができた。また、参加したい」と話した。

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

緑区版のローカルニュース最新6件

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月16日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク