緑区版 掲載号:2018年12月6日号
  • LINE
  • hatena

年末の飲酒運転根絶へ 緑警察署らキャンペーン

社会

飲食店を訪問しポスターを手渡す阿部署長(右)
飲食店を訪問しポスターを手渡す阿部署長(右)
 忘年会で酒を飲む機会が多くなる12月の飲酒運転根絶強化月間を前に11月30日、JR鴨居駅周辺で「飲酒運転根絶キャンペーン」が実施された。

 当日は、緑警察署のほか、緑交通安全協会、緑区役所など協力団体から約30人が参加。酒類を提供する駅周辺の飲食店を訪問し、飲酒運転撲滅や、仲間と自動車で飲食店に行く場合に酒を飲まない人を事前に決める「ハンドルキーパー運動」の推進を呼びかけた。また、酩酊状態を体験できるゴーグルを飲食店店主らにかけてもらい、危険性を共有する場面も見られた。

駅周辺では約500枚のチラシが配布された。

 当日は阿部篤署長や林明宏副区長もキャンペーンに参加。阿部署長は「区内の交通人身事故は409件。昨年より19件減少しているが死亡事故も発生している。余談を許さない。危機感を持っていきたい」と話した。

駅周辺でチラシが配布された
駅周辺でチラシが配布された

緑区版のローカルニュース最新6件

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月16日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク