緑区版 掲載号:2019年8月22日号 エリアトップへ

区内2店舗で配布中 多言語版のお薬手帳

社会

掲載号:2019年8月22日号

  • LINE
  • hatena
配布している「わたしのおくすり手帳」
配布している「わたしのおくすり手帳」

 区内の美容室「Ash中山店」(寺山町87 中村ビル1階)とチャリティショップ「WEショップ・みどり」(中山町218)では、処方内容などを記録する多言語版お薬手帳を無料で配布している。

 同手帳は、外国人にも分かるように多言語に対応しており、既往歴やアレルギーの有無なども書き込める。

 手帳を発行したのは、「多言語版おくすり手帳プロジェクト」(小池由美代表)。同プロジェクトは、横浜市で活動する市民団体「共生のまちづくりネットワークよこはま」と(株)大川印刷=西区=、ジャパンハウジング(株)=同=の協同事業だ。2017年の6月にやさしい日本語に加え、英語、中国語、韓国語で記載された手帳を発行した。

 その後、今年の7月には、やさしい日本語、英語のほかスペイン語とベトナム語を加えた手帳も完成した。

 現在、区内では、共生の町づくりネットワークよこはまの飯田信子副代表が中心となり、配布先を探しているという。

 「外国人が安心して暮らしていくためにも、多言語版のお薬手帳は必要だと思う。多くの外国人に知らせていきたい」と意気込んでいる。

 また、無料で配布しているAsh中山店の寺門良基マネージャーは「自分も外国にいたことがあるので、言葉が分からない時の大変さを知っている。多言語版のお薬手帳があれば、外国人も安心だと思う」と述べた。

 現在、配布協力してもらえる店舗(団体)に先着50冊を提供している。

 問い合わせは、飯田さん【携帯電話】080・5049・7949へ。

<PR>

緑区版のローカルニュース最新6

15年目の清掃活動

鴨居原市民の森

15年目の清掃活動 社会

クリーンアップ作戦

11月7日号

『セロ弾きのゴーシュ』

チェロの生演奏と語りで

『セロ弾きのゴーシュ』 文化

11月7日号

本屋大賞の裏話

本屋大賞の裏話 文化

トークショーが16日に

11月7日号

健康寿命を延ばすために

健康寿命を延ばすために 文化

緑公会堂で11月30日

11月7日号

ベリーダンスで地域巡る

ベリーダンスで地域巡る 文化

12月から4回連続講座

11月7日号

デザインマンホール設置

デザインマンホール設置 文化

緑区制50周年を記念

11月7日号

和紙ちぎり絵550点

国立新美術館

和紙ちぎり絵550点 文化

本紙持参で入場無料

11月7日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月7日号

お問い合わせ

外部リンク