緑区版 掲載号:2019年8月22日号 エリアトップへ

区内2店舗で配布中 多言語版のお薬手帳

社会

掲載号:2019年8月22日号

  • LINE
  • hatena
配布している「わたしのおくすり手帳」
配布している「わたしのおくすり手帳」

 区内の美容室「Ash中山店」(寺山町87 中村ビル1階)とチャリティショップ「WEショップ・みどり」(中山町218)では、処方内容などを記録する多言語版お薬手帳を無料で配布している。

 同手帳は、外国人にも分かるように多言語に対応しており、既往歴やアレルギーの有無なども書き込める。

 手帳を発行したのは、「多言語版おくすり手帳プロジェクト」(小池由美代表)。同プロジェクトは、横浜市で活動する市民団体「共生のまちづくりネットワークよこはま」と(株)大川印刷=西区=、ジャパンハウジング(株)=同=の協同事業だ。2017年の6月にやさしい日本語に加え、英語、中国語、韓国語で記載された手帳を発行した。

 その後、今年の7月には、やさしい日本語、英語のほかスペイン語とベトナム語を加えた手帳も完成した。

 現在、区内では、共生の町づくりネットワークよこはまの飯田信子副代表が中心となり、配布先を探しているという。

 「外国人が安心して暮らしていくためにも、多言語版のお薬手帳は必要だと思う。多くの外国人に知らせていきたい」と意気込んでいる。

 また、無料で配布しているAsh中山店の寺門良基マネージャーは「自分も外国にいたことがあるので、言葉が分からない時の大変さを知っている。多言語版のお薬手帳があれば、外国人も安心だと思う」と述べた。

 現在、配布協力してもらえる店舗(団体)に先着50冊を提供している。

 問い合わせは、飯田さん【携帯電話】080・5049・7949へ。

緑区版のローカルニュース最新6

「笑顔溢れる明るい年に」

「笑顔溢れる明るい年に」 社会

緑区賀詞交換会

1月13日号

劇団四季初のコンサート

劇団四季初のコンサート 文化

2月8日から横浜公演

1月13日号

食品の寄付を受け付け

食品の寄付を受け付け 社会

「コロナ禍で助け合いを」

1月13日号

消費生活出前講座を開催

消費生活出前講座を開催 社会

東本郷地域ケアプラザ

1月13日号

明るい未来願って

成人式

明るい未来願って 文化

3万6千人が節目

1月13日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook