緑区版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

「惜しいとしか言えない」 森の台出身ボクサー、王座逃す

スポーツ

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena
王者を追い詰めた(会場は東京・後楽園ホール)
王者を追い詰めた(会場は東京・後楽園ホール)

 3度目も王座獲得ならず――。森の台出身のプロボクサー望月直樹選手(横浜光ジム)が21日、WBOアジアパシフィックのフライ級タイトルマッチに挑んだものの、10回KO負け。アジアのベルトを巻くことはできなかった。これで昨年から挑んだタイトルマッチは3連敗となり、望月選手は「仕方がないこと」と悔しさをにじませている。

 試合は終始、望月選手のペースで進んだ。序盤からチャンピオン、阪下優友選手のまわりを、円を描くようにステップを踏みながらパンチを繰り出す望月選手。阪下選手はとらえられず防戦一方となり、打ち合いになっても、阪下選手が1発打つのに対して、2、3発を撃ち返すなど圧倒し望月選手優勢のまま、試合は進行した。

 だが、10ラウンド目に落とし穴が―。打ち合いのなか、阪下選手のパンチを受けた望月選手はダウン。立ち上がったものの、レフリーが続行不可能と判断し無念のKO負けとなった。

 望月選手を指導する横浜光ジムの石井一太郎会長は「惜しいとしか言いようがない試合。今後については白紙」と話している。

試合後、緑区から駆けつけたファンから健闘を称える拍手が起こっていた(左から4人目が望月選手)
試合後、緑区から駆けつけたファンから健闘を称える拍手が起こっていた(左から4人目が望月選手)

緑区版のローカルニュース最新6

「笑顔溢れる明るい年に」

「笑顔溢れる明るい年に」 社会

緑区賀詞交換会

1月13日号

劇団四季初のコンサート

劇団四季初のコンサート 文化

2月8日から横浜公演

1月13日号

食品の寄付を受け付け

食品の寄付を受け付け 社会

「コロナ禍で助け合いを」

1月13日号

消費生活出前講座を開催

消費生活出前講座を開催 社会

東本郷地域ケアプラザ

1月13日号

明るい未来願って

成人式

明るい未来願って 文化

3万6千人が節目

1月13日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook