緑区版 掲載号:2019年11月28日号 エリアトップへ

(PR)

「その寝言、要注意です」 認知症・パーキンソンの疑い?

掲載号:2019年11月28日号

  • LINE
  • hatena

 糖尿病と生活習慣病に特化した「あざみ野坂の上クリニック」では一昨年から「脳神経内科外来」を行っている。診療にあたるのは昭和大学藤が丘病院脳神経内科の馬場康彦准教授だ=写真。

 同氏の専門は認知症の代表的疾患であるアルツハイマー病のほか、手足の震えや動作の鈍化が特徴のパーキンソン病。同氏は「近年の研究で壮年期に発症した糖尿病患者はパーキンソン病になりやすいことがわかってきました」と指摘する。「認知症の1つである『レビー小体型認知症』の人は高確率でパーキンソン症状を合併するといわれています」。同疾患は若いころから「寝言を言う」ことが非常に特徴的であると同氏。「悪夢を見るレム睡眠行動異常というものがあります。寝言のほか奇声を発したり暴れたりするもので、心当たりがある方はお気軽にご相談ください」

 いずれにしろ大事なのは生活習慣を見直し、血糖値や血圧、コレステロールを基準値内で維持する予防だ。「脳の変性は40代から始まります。他人事ではないと思って食生活の見直しや定期健診を心掛けましょう」

あざみ野坂の上クリニック

横浜市青葉区あざみ野南2-14-4

TEL:045-509-1024
FAX:045-509-1631

http://azasaka.jp

緑区版のピックアップ(PR)最新6

ミラブルシリーズがお得に

串田設備の水廻り話 99

ミラブルシリーズがお得に

プレミアム付き商品券利用も可能

10月14日号

大人のための音楽教室が開講

大人のための音楽教室が開講

受講生を募集中

10月14日号

安心、JAのお葬式

もしもの時 もしもの為に… 事前相談無料

安心、JAのお葬式

「組合員・地域の方々へ」

10月14日号

成婚「一年以内」目標に

成婚「一年以内」目標に

川崎生田相談室だからできる

10月7日号

超希少の限定「獺祭(だっさい)」

超希少の限定「獺祭(だっさい)」

「槽場汲(ふなばく)み」9月30日までの予約注文のみ

9月23日号

アットホームな職場で働く

生協がスタッフ募集

アットホームな職場で働く

9月23日号

緑区社会福祉協議会

〒226-0019 横浜市緑区中山2-1-1 ハーモニーみどり1階

http://www.midori-shakyo.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook