緑区版 掲載号:2020年3月21日号 エリアトップへ

横浜北西線開通 喜びの声、続々 山崎製パン横浜第二工場 「災害時の有効な道に」 佐々木執行役員工場長

経済

掲載号:2020年3月21日号

  • LINE
  • hatena
開通を期待する佐々木執行役員工場長
開通を期待する佐々木執行役員工場長

 1976年に都筑区で稼働を開始した山崎製パン横浜第二工場。パンや和洋菓子など約330品種を生産し、神奈川県内を中心に配送している。同社の佐々木進執行役員工場長に話を聞いた。

 ―北西線の開通で何を期待していますか。

 「北西線を利用して東名高速道路の横浜青葉ICを経由した物流の効率化が図れると思います。約6100店舗ある販売店様にトラックで配送していますが、月間で延べ約53時間分を短縮できると見込んでいます。また、安全面からも、工場から横浜青葉ICまで約20個の信号を通過しなくても済むため、リスクが低減されることは非常に大きなことです」

 ―大規模な災害時における支援体制などについてお聞かせください。

 「大災害が発生した場合、水や火力での調理がなくても食べることができるので、パンやおにぎりは真っ先に支援の要望があります。仮に関東地方が大きな被害を受けた場合は、他地域から原料を運び込むことになります。北西線があることで、東名高速道路を利用しやすくなり、供給がスムーズになります。関東と関西いずれかで災害が起きた場合も、大変有効な道になります」

 ―北西線の開通による御社への好影響について声を聞かせてください。

 「人手不足の昨今において、働き方改革を進めるためには、時間短縮が必要です。北西線の活用によって、輸送の所要時間が短くなれば、従業員の働き方改革につながると思います。また、地球温暖化問題への対応も企業としてしていかなくてはいけません。二酸化炭素排出削減にも寄与すると期待しております」
 

緑区版のローカルニュース最新6

障害者アート展を開催中

障害者アート展を開催中 文化

竹山で10月1日まで

9月23日号

JAXA津田さんが講演

JAXA津田さんが講演 文化

星槎学園北斗校生が受講

9月23日号

外国人撮影の写真を紹介

【Web限定記事】

外国人撮影の写真を紹介 社会

みどり国際交流ラウンジ

9月23日号

犯罪・事故発生状況

【Web限定記事】

犯罪・事故発生状況 社会

緑警察署管内 9月9日〜9月15日

9月23日号

みどりハートフルマーケットを開催中

【Web限定記事】

みどりハートフルマーケットを開催中 文化

緑区役所で

9月23日号

第14回ミドリンパークを10月1日に開催

【Web限定記事】

第14回ミドリンパークを10月1日に開催 文化

緑区で中途障害のある人が参加の運動会

9月23日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook