緑区版 掲載号:2020年7月9日号 エリアトップへ

名物授業を紹介 大学なう!【3】 ことば(言語)の世界へ 東洋英和女学院大学

掲載号:2020年7月9日号

  • LINE
  • hatena
オンライン授業のようす
オンライン授業のようす

 コロナの影響で、東洋英和女学院大学(三保町32)では全授業がオンラインで行われている。

 同大の専任講師町田小織さんは、様々な言語を学ぶ「ことば(言語)の世界」の一部を担当している。6月24日と7月1日の授業で扱われたのは、セルビア語やクロアチア語、ボスニア語、モンテネグロ語という日本では馴染みの薄い言語だ。「4つの言語ですが、元々は、セルボ・クロアチア語という同じ言語だった。そのため、日本でいう方言のようにかなり似ている言語同士」と町田さんは説明する。

 「オンラインの特性を生かしたい」。そう考えた町田さんは、各地の様々なゲストを呼んだ。

 ボスニア・ヘルツェゴビナの首都にあるサラエボ大学の講師なども授業に参加。現地は早朝だが、自宅から参加してもらったという。

 セルビア出身で駐日セルビア共和国大使の秘書は、「おはよう」などの基本的な会話を学生に教えていた。授業後には、覚えたセルビア語を録音して講師らに送信し、確認してもらっていた。

 また、チャットを使い、質問も学生から受け付けていた。言語だけでなく、戦争の体験談なども語られていた。

 町田さんもオンライン授業は初めての経験。だが、学生からは「貴重な話を聞けた」「行ってみたくなった」などの好意的な感想が多数寄せられた。「リアルタイムだからこそ、伝わったものもあったはず」と町田さんは手応えを感じていた。
 

緑区版のローカルニュース最新6

みどりアートパークで「プラスチックの海」を上映

【Web限定記事】

みどりアートパークで「プラスチックの海」を上映 文化

11月28日 緑区長津田

10月21日号

犯罪・事故発生状況

【Web限定記事】

犯罪・事故発生状況 社会

緑警察署管内 10月7日〜10月13日

10月21日号

「大きいお芋が採れた」

森村学園幼稚園児

「大きいお芋が採れた」 教育

地元農家の協力得て収穫

10月21日号

第6回新人演奏会

第6回新人演奏会 社会

オーディション受付開始

10月21日号

年賀状を手作り

年賀状を手作り 文化

11月18日に中山で講座

10月21日号

緑色で難病啓発

緑色で難病啓発 社会

アジア初のライトアップ

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook