緑区版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

「DVの増加、対策が必要だ」 栗原加代美さんに聞く

文化

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 DV(ドメスティックバイオレンス)が、コロナ禍で増加している。

 加害者の更生プログラムなどに取り組む栗原加代美さん=写真=は、「テレワークなどで家族が一緒にいる時間が長くなった。今まで見えなかった粗が見えてしまい、家族みんながストレスを抱えてしまっている。それが暴力を振るうことにもつながっている。対策が必要だ」と警鐘を鳴らしている。

ダ行ではなくサ行で

 では、一体どうすればよいのか。

 会話の方法を少し改善するだけでもストレスは減るという。例えば、会話ではダ行(だめだ!/だから?/でもさ?/どうせ)で相づちを打つのではなく、サ行(そうなんだね/さすが/その通り/知らなかった/素晴らしい!/それで?)を使った相づちを打つことを心掛けるだけで、大きく人間関係は改善していく。

 「人に会えず、孤立化すると、DVは悪質化する。オンラインや電話などでも、人との関係を切らず、一人で抱え込まず、悩みを吐き出すことが大切だ」と話した。

 それでも、改善しない場合は、専門家に相談する必要もある。

 栗原さんの所属するNPO法人女性・人権支援センターステップでは、DVの加害者更生プログラムのほか、被害者支援なども行い、あらゆる家族やパートナーシップの関係修復をサポートしている。

 同NPO法人への相談は【携帯電話】080・5530・8047か、【メール】npo-step@a01.itscom.netへ。

緑区版のローカルニュース最新6

ハンドメイドバザール開催

ハンドメイドバザール開催 社会

24日、霧が丘デポー近辺で

10月21日号

みどりアートパークで「プラスチックの海」を上映

【Web限定記事】

みどりアートパークで「プラスチックの海」を上映 文化

11月28日 緑区長津田

10月21日号

犯罪・事故発生状況

【Web限定記事】

犯罪・事故発生状況 社会

緑警察署管内 10月7日〜10月13日

10月21日号

「大きいお芋が採れた」

森村学園幼稚園児

「大きいお芋が採れた」 教育

地元農家の協力得て収穫

10月21日号

第6回新人演奏会

第6回新人演奏会 社会

オーディション受付開始

10月21日号

年賀状を手作り

年賀状を手作り 文化

11月18日に中山で講座

10月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ハンドメイドバザール開催

ハンドメイドバザール開催

24日、霧が丘デポー近辺で

10月24日~10月24日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook