神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
緑区版 公開:2024年2月1日 エリアトップへ

セネガルを知る第一歩に 東本郷で国際理解講座

社会

公開:2024年2月1日

  • X
  • LINE
  • hatena
ディウフさん(写真上)と講座の参加者ら
ディウフさん(写真上)と講座の参加者ら

 「聞いてみませんか?アフリカ西海岸セネガルの話」と題した国際理解講座が1月23日、東本郷住宅集会所で開催された(主催・みどり国際交流ラウンジ、協力・異文化交流会アイリス)。近隣住民らが集い、日本から約1万4000Km離れた国・セネガルの文化などを学んだ。

 講師を務めたのは、セネガル出身で保土ケ谷区在住のディウフ・エル・ハッジ・マサンバさん。ディウフさんは日本人女性との結婚を機に1989年に来日し、数年前まで語学学校のフランス語講師として勤務したほか、99年にはセネガルの子どもたちの教育を支援する団体「バオバブの会」を立ち上げ、会長として活動を続けていた。

 この日は、セネガルの首都ダカールの街並みや、人々の衣食住などの生活様式のほか、観光地として人気のピンク色の湖などについても、プロジェクターで写真を投影しながら紹介。また、かつてフランスの植民地だったセネガルの歴史や、ダカールの沖合に位置し、1978年に世界遺産に登録されたゴレ島についても解説した。この島は奴隷貿易の拠点とされた歴史を持ち、島内には多くの奴隷を収容していた「奴隷の家」と呼ばれる建物も残されている。

類似点と相違点

 「日本は第2の母国」と語るディウフさんは、日本とセネガルの類似点と相違点についても、流ちょうな日本語で紹介。類似点として「両国とも海産物が豊か」「敬語がある」「擬音語が多い」などを挙げた。「『井戸端会議』とそっくりな意味を持つ言葉がセネガルにもある」とも話し、参加者は熱心に聞き入っていた。

 相違点については、あいさつに関して例示する場面もあった。「セネガルでは初対面でも目が合えばすぐにあいさつする。日本では、あいさつをしても知らないふりをされてしまった」と自身の体験を交えて語った。

 来場者からは「セネガルの良いところをたくさん知ることができた」「平和で伝統も大切にしている国だと分かった」との感想が寄せられた。

緑区版のローカルニュース最新6

新議長に柳下剛氏

県議会

新議長に柳下剛氏

より開かれた場目指す

5月30日

区民5人が受章

春の叙勲

区民5人が受章

県内233人、市内98人

5月30日

所属委員会決まる

所属委員会決まる

神奈川県議会

5月30日

飲酒運転撲滅を呼び掛け

飲酒運転撲滅を呼び掛け

青葉台駅で啓発活動

5月30日

ここでも読めます

ここでも読めます

タウンニュース配架場所

5月30日

禁煙推進の事業所支援

禁煙推進の事業所支援

市が募集 ICT活用で特典

5月30日

緑区・都筑区の賃貸オーナー様へ

最新の賃貸経営手法をお伝えするセミナー。6月2日㈰緑区中山の会場で開催。申込は下記▼

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd-n3Dv4x9jLXk9pylMM67TpaY1iURH4vqRXQkwBL4VG3O1vw/viewform

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook