神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
緑区版 公開:2024年2月15日 エリアトップへ

緑新栄会 AED初購入で講習会 「街守る使命感、強くなった」

社会

公開:2024年2月15日

  • X
  • LINE
  • hatena
(写真上)松上所長(左)の指導でAEDの使い方を学ぶ会員、(写真下)AEDが設置されたスナック無2番館
(写真上)松上所長(左)の指導でAEDの使い方を学ぶ会員、(写真下)AEDが設置されたスナック無2番館

 緑新栄会(中村幸子会長)はこのほど、AED(自動体外式除細動器)を初めて購入し、2月6日、設置場所となるスナック無2番館(台村町188)で、AEDの適切な使用方法を学ぶ講習会を開いた。参加した会員からは「AEDの使用について自信が付いた」などの声が聞かれた。

 安全・安心で楽しいまちづくりを目指す緑新栄会。今回、もしものときの安心のためにAEDの購入を決定したという。

 講習会では、購入元の(株)サニクリーン東京 港北営業所の松上和正所長が講師を務めた。同会の会員10人ほどが参加し、倒れている人を見掛けた際の適切な対応の仕方や正しい胸骨圧迫(心臓マッサージ)の方法、AEDの使用方法などを学んだ。参加者からは「どうしたら再び心臓が動き出したかどうかが分かりますか」などの質問が寄せられていた。

 講習後、会員たちからは「AEDの使用に際して自信が付いた」「実際には使用したくないが、設置して安心感が増した」「街を守るという使命感が強くなった」との感想が聞かれた。

夜間の緊急事態にも対応

 AEDの設置場所選定について、スナック無2番館の田口等さんによると、同店は「営業時間が午後7時から午前2時ごろまで」であることに加え「休みが年に数日だけ」であるため、夜間の緊急事態にも対応しやすいとして、同店内に設置することにしたという。

緑区版のトップニュース最新6

学生らと熱中症予防啓発

緑消防署・団

学生らと熱中症予防啓発

鴨居駅で飲料など配布

7月18日

全校実施へ計画前倒し

市立中不登校生徒支援事業

全校実施へ計画前倒し

「重大事態の調査結果」受け

7月18日

当事者の声 福祉の力に

電動車椅子サッカー永岡真理さん

当事者の声 福祉の力に

横浜創英大で出前講座

7月11日

市、テレビで自動通知

緊急情報

市、テレビで自動通知

事業促進へ端末費用補助

7月11日

「子どものまち」今年も出現

Mini Mini MidoriプラスSDGs

「子どものまち」今年も出現

明日5日から受付開始

7月4日

コロナ前水準に回復

横浜市観光客数

コロナ前水準に回復

前年2割増の3,600万人

7月4日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月27日0:00更新

  • 1月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook