神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
緑区版 公開:2024年5月17日 エリアトップへ

ICT活用した子ども見守りサービス導入を横浜市が支援 実験結果発表、保育所に補助金も

教育

公開:2024年5月17日

  • X
  • LINE
  • hatena
アプリの使用画面
アプリの使用画面

 横浜市は5月14日、スマホやアプリなどのICTを活用した子どもの見守りサービスの実証実験結果を発表した。

 ICTによる子どもの見守りサービスは、保育所などの園外活動で子どもの置き去りや行方不明を防ぐため、市が導入を支援している。

 実験は今年2月から3月に市内の保育所など4園で行い、民間4社の製品を使用。子どもに装着した機器がBLE(近距離無線通信技術)やGPS(人工衛星からの電波による位置測定システム)の電波を発信する。保育士らがスマホなどの端末で子どもの位置情報を受信できるほか、一定距離以上離れると端末に通知、アラートが届き、置き去りや行方不明を防げるようにしていた。

 実験に参加した保育所からは「ICT機器を保育で活用する有効性を実感できた」との声が寄せられた。一方、事業者は「机上や社内実験ではあぶり出せなかった問題点や課題が明確になった」とし、今後の製品作りに生かすという。

 保育施設の見守りサービス導入には約20万〜30万円の費用がかかるが、国と市が1施設当たり16万円を補助金として支援し、導入を促進する。

 同実験は市こども青少年局、デジタル統括本部、経済局の3部署が連携し、市の課題と民間企業のデジタル技術をマッチングするプラットフォーム「YOKOHAMA Hack!(ヨコハマハック)」を活用して行ったもの。事業の詳細は「YOKOHAMA Hack!」ウェブサイト(https://hack.city.yokohama.lg.jp/)に掲載。

BLEタグをポケットに入れた専用ビブス
BLEタグをポケットに入れた専用ビブス
BLEタグ入りの名札タイプ
BLEタグ入りの名札タイプ

緑区版のローカルニュース最新6

神奈川県 災害、物価高騰対策などで122億円の補正予算案

アジサイ祭りで郷土愛を

アジサイ祭りで郷土愛を

寺山町自治会が主催

6月18日

夏休み 企業などで体験学習を行う小学3〜6年生募集

夏休み 企業などで体験学習を行う小学3〜6年生募集

横浜市教育委員会が「子どもアドベンチャーカレッジ」

6月15日

食生活の改善推進員養成

横浜市26万人の児童・生徒の学習データを収集・活用する学習ダッシュボードを運用開始

みんなで各種競技を体験

みんなで各種競技を体験

横浜市緑区中山で「みどりスポーツフェスティバル」

6月14日

あっとほーむデスク

  • 1月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook