神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
緑区版 公開:2024年7月5日 エリアトップへ

横浜市教委裁判動員問題 交通費返還求める監査請求で意見陳述

社会

公開:2024年7月5日

  • X
  • LINE
  • hatena
請求人の内山さん(手前)と市教委の幹部(左側)。前方は監査委員ら
請求人の内山さん(手前)と市教委の幹部(左側)。前方は監査委員ら

 横浜市教育委員会が市立校の教員による性犯罪事件の裁判に職員を動員していた問題で、交通費などの支給が公金の不正支出だとし、市への返還を求めて市民が行った住民監査請求の意見陳述が7月4日に行われた。

 市教委は教員が加害者で児童・生徒が被害者となった2019年、23年、24年の11回の裁判に1回当たり最大50人の職員を動員。傍聴席を埋めることで一般傍聴人を締め出していた。

 これに対し、中区在住の内山正敏さんが「動員は本来の業務ではなく、地方公務員法に反する」とし、動員の際に職員に支給された交通費などは公金の不正支出にあたるとして、市への返還を求める住民監査請求を提出。6月3日に受理された。

 意見陳述では、内山さんの主張の後、市教委の幹部が交通費の支給は条例や規定に基づいて行われたものだとする意見を述べ、「現在、3人の弁護士による検証が行われており、その結果を踏まえて適切な対応を行っていく」とした。

 監査委員から市教委に対し「30人近くが傍聴する必要はあるのか」と質問があったが、明確に回答をせず、監査委員は「監査委員の問いに答えないことの意味は重いと認識して」と指摘する場面もあった。

 今回の問題については「一般の人が傍聴する権利を奪ったことは適切ではなかった」としたが、ほかの質問には「検証中」や「調査中」との回答が目立った。

 監査委員の結論は8月2日までに出る見込み。これと別に同じ内容の住民監査請求が中区の男性から出されており、10日に意見陳述が予定されている。

 

 

緑区版のローカルニュース最新6

横浜市内の上半期火災死者 過去10年で最多の16人

横浜市内の上半期火災死者 過去10年で最多の16人

火災警報器未設置のケースも

7月19日

手足口病 警報レベルで流行中

手足口病 警報レベルで流行中

横浜市衛生研究所が手洗いの励行を呼び掛け

7月19日

福島の桃や「ままどおる」が販売される復興応援マルシェ

オリジナルのカップ麺作ろう

オリジナルのカップ麺作ろう

「ラー博スゴメンラボ」

7月18日

犯罪・事故発生状況

【Web限定記事】

犯罪・事故発生状況

緑警察署管内 7月4日〜7月10日

7月18日

防犯情報追加しリリース

横浜市

防犯情報追加しリリース

こども・安全安心マップ

7月18日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月27日0:00更新

  • 1月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook