都筑区版 掲載号:2017年1月26日号 エリアトップへ

里山保全ボラ募集 茅ケ崎南の自然生態園

社会

掲載号:2017年1月26日号

  • LINE
  • hatena
ササ刈りをするボランティア
ササ刈りをするボランティア

 茅ケ崎公園自然生態園(茅ケ崎南)では現在、里山保全作業ボランティアを募集している。

 02年に開園した自然生態園は広さ約2・8ha、湧き水が流れ込むため池や田んぼ、雑木林があり、豊かな自然環境がニュータウン開発前のまま残されている。NPO法人茅ヶ崎公園自然生態園管理運営委員会が横浜市から委託を受け、同園の生物や緑を守る活動を日々行っているという。

 同ボランティアは毎月2回、第3土曜と第4日曜の午前10時から正午頃まで活動している。作業内容は、ササ刈りや中低木の伐採、竹の間伐、丸太運搬など危険を伴わない作業が中心。夏季には池の外来種であるアメリカザリガニの駆除を手伝うこともあるという。

 同園の亀田さやか事務局長によると「作業スタッフの人手が足りないと、林やササが込み合い日照が少なくなり、植物の生育に影響を与えかねない」と危惧する。毎回10人程のボランティアが集うというが、亀田事務局長は「開園来の作業スタッフも多く、高齢化が進んできたので環境を守るために、新しい仲間の協力が必要」と訴える。1月21日、作業に参加した北村民生さん(69)は「鳥や植物など発見しながら作業するのが楽しい」と話す。

 ボランティアは年齢不問、家族やグループでの参加も可能。2月は18日(土)、26日(日)。参加無料。(問)生態園【電話】045・945・0816(開園日は土・日・祝)。

ゴルザール カーペット

ペルシャ絨毯&ギャッベ 新入荷、冬のバーゲン 30~60%オフ

https://rarea.events/event/99983

<PR>

都筑区版のローカルニュース最新6

区社協に50万円寄付

緑法人会

区社協に50万円寄付 経済

「地域に役立たせて」

11月25日号

不審者の目撃情報増加中

【Web限定記事】都筑警察署管内 犯罪・事故発生状況

不審者の目撃情報増加中 社会

人通りが少ない道や暗い道は注意

11月25日号

学習方法教えます

学習方法教えます 教育

28日セミナー

11月25日号

おうちで味噌作り

都筑民家園

おうちで味噌作り 文化

材料キット配布

11月25日号

美しい緑溢れる

緑区

美しい緑溢れる 文化

11月25日号

自然豊かな長寿のまち

青葉区

自然豊かな長寿のまち 社会

11月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第17回『元々、目が良かったのに60歳を過ぎて遠くも近くも見えにくくなってしまいました』

    11月25日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook