都筑区版 掲載号:2017年10月12日号
  • googleplus
  • LINE

シニアジャズバンドハッピーじゃむ 同世代を元気づけ15年 節目祝うコンサートに130人

文化

 区内を拠点に活動するシニアジャズバンド「ハッピーじゃむ」(藤井佳信会長)は今月1日、プレミアホールで15周年の記念コンサートを行った。

 祝福に訪れた約130人の観客に、ジャズのスタンダードナンバー「センチメンタル・ジャーニー」や「川の流れのように」「ブルー・ライト・ヨコハマ」など往年の名曲を披露。21人の各メンバーによるソロパートも交えながら全22曲を演奏した=写真。コンサートを終え、藤井会長は「最高の演奏会だった」と晴れやかな表情で話した。

合計年齢1400歳超え

 「リタイアしても音楽をやりたい」という思いで結成されたハッピーじゃむ。作編曲家の後藤裕二さんの指導の下、週1回の練習を重ね、高齢者施設や地元イベントなどで年間約30回の演奏を披露している。

 メンバーの平均年齢は70歳以上。合計年齢はなんと1400歳を超えている。そのほとんどが還暦を過ぎてから楽器を始めたという。創設メンバーの一人で最高齢の城所辰男さん(89)は、80歳で始めたトランペットを吹きこなし、バンドを活気づけている。「お客さんの前で演奏するのは楽しいね。もっといろんな曲に挑戦したい」と笑顔で話す。

これからも感動届ける

 高齢者施設で演奏したある時、普段笑顔を見せないという入居者が演奏を聴いて笑顔を咲かせ、スタッフに驚かれたことがあった。「施設に入っている人は自分たちと同じ世代が多い。懐かしい曲を演奏すると涙を流して喜んでくれる人もいた」と藤井会長。演奏を聴く人が元気になってくれるのが最も嬉しい瞬間だ。

 節目を迎え、新たな目標は20周年まで活動を継続すること。「これからも人を感動させたい」とメンバーは思いを一つにする。

都筑区版のローカルニュース最新6件

遺跡公園愛護会が受賞

東方天満宮で観梅会

園児がごみ分別学ぶ

ドイツ学園

園児がごみ分別学ぶ

2月15日号

市インスタの写真展示

「ハマナビ」が北山田に

「廻し地蔵」学ぶ

池辺町 都田小

「廻し地蔵」学ぶ

2月15日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

障害者らの芸術・音楽

障害者らの芸術・音楽

10日から区内各地で開催

2月10日~2月28日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク