港南区・栄区版 掲載号:2012年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

第一は犯人の特徴 高速料金所で強盗訓練

社会

迫真の演技で緊張感漂う訓練
迫真の演技で緊張感漂う訓練

 横浜横須賀道路の日野料金所(高嶋康弘所長)で12月2日、強盗模擬訓練が実施された。

 これは同高速道路にある全料金所の所長や職員を対象に、定期的に実施されているもの。会場は持ち回り制で、今回は同料金所が訓練会場となった。

 当日は港南警察署員が演じる犯人が拳銃や刃物をかざして料金所事務所へ押し入り、職員を脅迫。現金を奪い逃走した後、職員は警察へ通報して犯人の特徴を伝えるなど対応していた。

 迫真の演技に現場では終始緊張感が漂い、訓練後には職員から「強盗対策のイメージはあっても、思うように行動できなかった」といった声も。同署員は「常日頃から役割分担をして訓練をしてほしい」とアドバイスしていたほか、高嶋所長は「まず人命優先。そのうえで、いざという時には犯人の特徴を把握できるよう常日頃から職員に伝えていきたい」と話していた。
 

港南区・栄区版のローカルニュース最新6件

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク