港南区・栄区版 掲載号:2012年1月26日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

市消費生活総合センター主催 観覧無料 「未来の食卓」を上映 米粉レシピ本プレゼントも

南仏の小さな奇跡を描いた作品
南仏の小さな奇跡を描いた作品

 東日本大震災や原発事故を機に、食の安全について意識が高まる昨今―。これを受けて横浜市消費生活総合センターは2月17日(金)、港南区民文化センター「ひまわりの郷」(上大岡駅直結)で食のイベントを開催する。参加無料。

 当日は2部構成で、第1部では米粉を使ったメニューのレシピ本などの著書をもつフードコンサルタントのサカイ優佳子さんが食育について講演。第2部ではドキュメンタリー映画「未来の食卓」(仏・2008年)を上映する。これは南仏の小さな村を舞台にしたストーリー。財政難にあるなか、村長が「子ども達の未来を守る」と意気込み、学校給食をコストの高いオーガニック材料に変えようと試みるのだが……。

 午後1時15分(0時45分開場)から4時まで。参加者から抽選で米粉レシピ本を15人に進呈。参加申込は氏名と連絡先を明記し、【電話】045・845・5640、【FAX】045・845・7720、【メール】info@yokohama-consumer.or.jp のいずれかへ連絡(問合先も同じ)。

消費生活の悩みは…

 市消費生活総合センターは、祝日・年末年始を除く毎日、消費生活トラブル相談を受付中。相談専用番号は【電話】045・845・6666、午前9時から午後6時(土・日は4時45分)。
 

横浜市消費生活総合センター

横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー4階

TEL:045-845-7722

http://www.yokohama-consumer.or.jp

港南区・栄区版のピックアップ(PR)最新6件

「巨大地震」に備える外から施工のウッドピタ

「3月が一番売りやすいってホント?」

不動産の常識?非常識?

「3月が一番売りやすいってホント?」

2月15日号

元気の出る法律相談(90)

石井誠弁護士が答える

元気の出る法律相談(90)

2月15日号

脳梗塞後遺症を改善

健康保険適用訪問リハビリマッサージ

脳梗塞後遺症を改善

2月15日号

「すべては難聴に悩む人のため」

離れて暮らす両親へ「新しい住み方」の新提案

本紙記者も必要性を痛感

離れて暮らす両親へ「新しい住み方」の新提案

2月8日号

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク