港南区・栄区版 掲載号:2013年5月30日号
  • googleplus
  • LINE

市消防局 緊急車両の燃料備蓄 震災対応で港南台などに

社会

新たに導入された燃料補給車
新たに導入された燃料補給車
 横浜市消防局は、大規模災害に備えた燃料供給体制を確立するため、港南区内の港南台消防出張所を含む市内5カ所に自家用給油取扱所を整備した。そのほか、燃料補給車3台、燃料輸送車1台を配備し、5月15日から運用を開始した。

 震災発生時には消火・救助などの災害応急活動に全力を挙げることが必要となる。しかし、東日本大震災時には消防車両などの緊急車両に燃料不足が発生するなど、体制に不備があったため、今回の整備が決まった。同出張所以外で今回整備されたのは西消防署(西区)、日吉消防出張所(港北区)、青葉消防署(青葉区)、消防訓練センター(戸塚区)。5カ所の給油所に合計で、軽油とガソリン合わせて25万リットルが備蓄される。これは市内の緊急車両が1週間走行できる量に相当。また、市内全域の各消防施設が、いずれかの給油所から半径10Km圏内となるように分散配置された。

港南台で運用開所式

 港南台出張所は軽油3万リットル、ガソリン2万リットルを備蓄。通常時は燃料を一定量に保ちながら、港南消防署に配置されている消防車両等への給油を行う。また、非常時は港南・磯子・栄・金沢区の消防車両に加え、区役所・土木事務所車両などにも給油を行う。さらに同出張所には、非常時に各方面に燃料の補給や輸送を行う燃料補給車も合わせて配備された。

 15日には同出張所で運用開所式が行われ、松田康博港南消防署長の挨拶のあと、実際に署員による給油のデモンストレーションが行われた。

 松田署長は「大災害時に活動し続けるために必要な施設。自前で安定的に継続して燃料を供給できることが重要になる。日頃の維持管理含めて円滑に運用し、市民の方々の期待に応えていきたい」と話していた。

港南台消防出張所で行われた運用開所式
港南台消防出張所で行われた運用開所式

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

横浜南青色申告会

個人で事業を営んでいる方、不動産を貸し付けている方に入会をお勧めいたします

http://yoko373aoiro.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

港南区・栄区版のローカルニュース最新6件

地域と一緒に納涼会

8月4日

地域と一緒に納涼会

7月26日号

ボウリングで世代間交流

まもなく満開に

上大岡のひまわり畑

まもなく満開に

7月26日号

孫の似顔絵で詐欺防止

119人が連携確認

栄消防団

119人が連携確認

7月26日号

老若男女囲碁に夢中

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク