港南区・栄区版 掲載号:2014年7月10日号 エリアトップへ

区内在勤利根川さん 代表スタッフでブラジルへ 「もう1つの」サッカーW杯

スポーツ

掲載号:2014年7月10日号

  • LINE
  • hatena
「出場するからには優勝が目標」と利根川さん
「出場するからには優勝が目標」と利根川さん

 8月に「もう1つのW杯」と呼ばれる知的障害者サッカー世界選手権がブラジル・サンパウロで開催される。港南区在勤の利根川俊介さん(30)は、日本代表チームのマネージャーコーチとして帯同し、18人の選手とともに優勝を目指す。

 同大会は1994年のオランダ大会以来、4年に1度、W杯と同じ年に「国際障がい者スポーツ連盟」(INAS-FID)が知的障害者の大会として開催しているもの。地区予選などはないが、試合はFIFAと同じルールで行われており、2002年の日本大会からW杯と同じ開催国で開催しているため「もう1つのW杯」と呼ばれている。日本代表チームも同年から大会に出場している。

 前回の10年南アフリカ大会では、日本チームは出場11チーム中10位。サウジアラビアが2大会連続の優勝を果たした。今年は8月12月から24日までの間、ブラジル・サンパウロで開催。イングランドやアルゼンチンなど16の国と地域が参加予定だ。

2大会連続の帯同

 利根川さんは、知的障害者が日中活動を行う就労継続支援B型事業所「はばたき」(港南区大久保)に勤め、ハンカチの検品や、弁当の調理・販売などに取り組む同所で、作業指導員としてサポートにあたる。

 他方、横浜F・マリノスの知的障害者サッカーチーム「フトゥーロ」や、知的障害者サッカー神奈川県選抜チームなどにコーチとして在籍し、代表チームへの帯同も前回の南ア大会に続き2度目。マネージャーの役割は「なんでも屋」と利根川さん。「選手が試合で良いパフォーマンスを発揮できるためのものならすべて。物品の準備や合宿所の手配、人数が足りない時はグラウンドで一緒にボールを蹴ることも」と笑顔を見せ、「8月のブラジルは冬だけど、気温も20度前後。選手たちも力を発揮できる環境だと思う」と期待を込める。

 知的障害者サッカーとの出合いは06年、東海大学体育学部の4年時のこと。W杯を現地で観ようとドイツに渡った際、代表チームのスタッフを務めていた大学の先輩から「もう1つのW杯も観てみたらどうだ」と誘われた。「サッカーの醍醐味はスピードと技術。だけど正直、それは期待できないんじゃないかと思っていた」と当時の気持ちを明かす。だがスタジアムに足を運ぶと、「皆どこに障害があるんだろうと思うくらい、レベルの高いサッカーだった」と驚かされた。

 帰国後に紹介を受け、重度の知的障害がある小中学生チームのコーチに就いた。試合中にボールを手で持って走ってしまう子がいるなど、教える難しさを感じたが「ゴールの喜びや負けた悔しさを素直に表現する姿に、サッカーの素晴らしさを思い出させてもらった」。

「Tシャツで支援を」

 大会への出場を含め、海外遠征には3千万円ほどの資金が必要だが、助成金などではまかないきれず、「日本知的障がい者サッカー連盟」(JFFID)では応援Tシャツの売上金などを遠征費に充てている。JFFIDのHP(jffid.com)などで購入可能。

代表チームの応援Tシャツ
代表チームの応援Tシャツ

港南区・栄区版のトップニュース最新6

10年で登録者10倍

シニアボランティア

10年で登録者10倍 社会

マッチングに課題も

9月19日号

柔道大会で準V

柔道大会で準V スポーツ

港南チームの但馬幹育君

9月19日号

警察署窓口の「花」に感謝状

港南中学校華道部

警察署窓口の「花」に感謝状 文化

月2回の生け花手入れ

9月12日号

全小学校に民間支援員

プログラミング必修化

全小学校に民間支援員 教育

教員向けにICT指導

9月12日号

リニューアルをお祝い

上郷森の家

リニューアルをお祝い 文化

客室一新、テントサイトも

9月5日号

平和スピーチで市長賞

平和スピーチで市長賞 教育

港南・栄の小中学生

9月5日号

今年も本郷台で駅前祭り

今年も本郷台で駅前祭り 文化

ステージや屋台が盛りだくさん

8月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク