港南区・栄区版 掲載号:2015年2月19日号 エリアトップへ

(PR)

石井誠弁護士が答える 元気の出る法律相談(54) 「遺留分(いりゅうぶん)と寄与分」

掲載号:2015年2月19日号

  • LINE
  • hatena

 Q、先日父が死亡しました。父は妹に全財産を相続させるとの遺言を残していました。私は父の遺産を一切相続することができないのでしょうか。また、妹は10年間寝たきりだった父を介護してきたのだから、私に取り分は一切無いといいます。そうなのでしょうか。

 A、本人が特定の相続人に全財産を相続させるとの遺言を残していても、兄弟姉妹以外の相続人には「遺留分」があり、遺産のうち一定割合は相続できることになっています。

 したがって、あなたも遺留分に相当する財産(相続人が妹とあなたの2人なら、遺留分は4分の1)を取得することができます。

 他方で、寄与分という制度があります。これは、仕事を手伝ったり、看病をするなどして、遺産の維持または増加について特別の貢献(寄与)があった場合に、本来の相続分より多くの遺産の配分を受けることができるという制度です。

 しかし、遺留分の請求に対し、寄与分の主張をすることはできないとされています。

 したがって、妹の寄与にかかわらず、遺留分に相当する財産を取得することができます。

 法律に関することは、法律のプロである弁護士にお気軽にご相談下さい。

上大岡法律事務所

港南区上大岡西1‐6‐1 ゆめおおおかオフィスタワー22階

TEL:045-840-2444

http://www.kamiookalaw.com/

港南区・栄区版のピックアップ(PR)最新6

あらゆるシワに若返りの注入治療

「老け顔・疲れ顔にアプローチ」―症例5万4千件を突破 プレミアムPRP皮膚再生療法 Q&A

あらゆるシワに若返りの注入治療

4月2日号

30分ボーカル無料体験

大好評

30分ボーカル無料体験

「USボーカル教室」上大岡駅前校

4月2日号

『漢方相談』

松山漢方相談薬局で漢方始めよう

『漢方相談』

健康である大切さ、想いや願いを繋いでいこう。

3月26日号

片付け不要で即金買取り

ウスイホーム

片付け不要で即金買取り

特に築後20年以上経過の物件

3月19日号

元気の出る法律相談(115)

石井誠弁護士が答える

元気の出る法律相談(115)

安易な名誉毀損にご注意を

3月19日号

まちづくり整備に助成金

提案募集

まちづくり整備に助成金

ヨコハマ市民まち普請事業

3月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク