港南区・栄区版 掲載号:2015年2月19日号 エリアトップへ

上大岡小 シルクの歴史学び、養蚕(ようさん) 5年生が学習成果を劇に

教育

掲載号:2015年2月19日号

  • LINE
  • hatena
創作劇を発表する5年2組
創作劇を発表する5年2組

 市立上大岡小学校で2月14日、1年間の総合学習の授業成果などを全クラスが発表する「生活科・総合学習発表会」が実施された。

 同校では総合学習の時間を「上小タイム」と命名。児童たちはクラスごとに地域の探検や住民と交流するなど、さまざまな活動を体験してきた。発表会はその集大成として、保護者や地域にも公開して行われた。

 5年2組では「みんなで協力!汗と涙の上小シルク物語」という創作劇を発表した。同クラスでは当初、「地域の学習をしたい」という思いで街探検を始めたところ、同校近隣にある「黒船見物の丘」を発見。これがきっかけとなりペリーを調査し始め、かつて横浜港が生糸の最大の輸出港であったことにたどり着き、横浜と生糸の歴史をテーマに学習を進めていったという。

実際に生糸作りも

 歴史を学んでいく中で、児童たちは「実際に蚕(かいこ)を育て、繭(まゆ)から生糸を取り出してシルクを作りたい」という思いにまで発展。シルク博物館(中区)を見学し、蚕の卵を購入したほか、生糸の織り方なども教わった。

 蚕を育てていく過程では、児童たちが群馬県での体験学習で教室を不在にしている間、蚕が死んでしまう事態も。劇中ではその時の状況がクローズアップされ、「教室の中が臭くて、もう製作をやめたかったけれど、蚕から命をもらったから、頑張ろう」と困難に立ち向かう様子も表現されていた。

 結果、蚕から904個の繭が作られた。児童たちは地域で交流のある岩角良信さんに依頼し、協力して手作りのはた織り機も製作。昨年12月には、それを用いて「世界に一つだけのシルクスカーフ」を完成させた=写真下。担任の恵美須八千代教諭は「子どもたちはシルクにのめり込んでいった。苦労もあったが、応援してくれた人のためにも頑張った」と話していた。

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

休校中の子どもにカレー

野庭地区

休校中の子どもにカレー 社会

老舗専門店と社協

4月2日号

閉校しても「思い出を胸に」

閉校しても「思い出を胸に」 教育

野庭中出身・伊澤さん

4月2日号

思い出に残るマラソン大会1位

野庭中OBサッカー元日本代表・坂田さん

思い出に残るマラソン大会1位 社会

4月2日号

湯立神楽で「無病息災」

永谷天満宮

湯立神楽で「無病息災」 文化

4月2日号

まちづくり方針を改定

栄区

まちづくり方針を改定 社会

「空家対策」「森の魅力」追記

4月2日号

県が男性育休ガイドを発行

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク