港南区・栄区版 掲載号:2015年11月19日号 エリアトップへ

ロケ地・横浜(中) 「住みたい街」目指して

掲載号:2015年11月19日号

  • LINE
  • hatena
ロケ地マップで認知度向上狙う
ロケ地マップで認知度向上狙う

 相模鉄道は2010年以降、本格的にロケ受け入れの取り組みを始めた。

 主な目的は「相鉄」の認知度向上だ。同社は2018年度にJR直通線、翌19年に東急直通線が開業する予定で、初の東京都乗り入れとなる。これまでは、関東圏の大手私鉄では唯一、都内に乗り入れていなかった。「このタイミングで東京、千葉、埼玉に住む人にPRする狙いがあった」と同社担当者は話す。

 ロケ実績は今年4月から10月14日までに27件で、問い合わせは約120件。場合によっては貸切電車の運行や特別ダイヤの調整も行っている。今年3月に公開された映画「ストロボ・エッジ」では、南万騎が原駅(旭区)やいずみ野駅(泉区)など、いずみ野線沿線がロケ地となった。キャストや原作の人気が高かったことから、同社と製作会社が協力し「タイアップ企画」が初めて行われた。

 ラッピング電車の運行を行ったほか、特設ホームページを開設。また、相鉄とともにロケ地となった新潟県のフィルムコミッション協議会と協力し「ロケ地マップ」を作成した。マップ片手にロケ地巡りを行う人の姿も見られたという。

イメージ向上へ

 ロケ誘致を始めて、直接乗客数が増えたというデータはない。しかし相鉄グループの広報担当・飛川和範さんは「数字ではない声が届いている」と話す。一つがソーシャルメディアの反応。例えばツイッターで「相鉄 ロケ」と検索すれば無数の検索結果が出てくるなど、手応えを感じているようだ。

 同社が見据えるのは「沿線に住んでもらう」というビジョン。いずみ野線沿線地区は少子高齢化が顕著。同社は沿線の再開発というハード面、そしてイメージ向上というソフト面で沿線を盛り上げたい思いがある。「知ってもらい、来てもらい、住んでもらう。そのための取り組みを今後も進めていきたい」 (つづく)

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

ベイグッズを抽選で

京急百貨店

ベイグッズを抽選で 経済

開店25周年の応援企画

4月29日号

財政広報をウェブ化

横浜市

財政広報をウェブ化 経済

ペーパーレスの一環で

4月29日号

今、児童に薦めたい一冊

こどもの日特別企画

今、児童に薦めたい一冊 教育

豊田小 学校司書の浅井さん

4月29日号

相談をチャットで

消費生活センター

相談をチャットで 社会

ボットがアシスト

4月29日号

異文化交流の支援を

異文化交流の支援を 経済

市が補助金公募開始

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter