港南区・栄区版 掲載号:2017年5月18日号 エリアトップへ

障害者×アート コラボで新しい境地 パラトリ総合Dの栗栖さん

文化

掲載号:2017年5月18日号

  • LINE
  • hatena
講演する栗栖さん
講演する栗栖さん

 障害者とアーティストのコラボによる芸術祭「ヨコハマ・パラトリエンナーレ2017」(5月27日〜来年1月末)の開催を前に総合ディレクターの栗栖良依さんが11日、栄公会堂会議室で講演を行った。異業種交流会「さかえ横浜会議」の設立準備勉強会に登壇し、横浜発の多様性をつなぐアートの可能性を語った。

 栗栖さんは2010年に右ひざの関節に骨肉腫を患い、復帰後の初仕事でアーティストと障害者施設によるものづくりプロジェクトに携わった。その後、障害者とアーティスト、企業をつないでモノづくりやコトづくりに取り組む特定非営利活動法人スローレーベルを設立。2014年のヨコハマ・パラトリエンナーレの開催に尽力し、総合ディレクターを務めた。

 栗栖さんがこの日の講演で紹介した事例は、耳が聞こえないダンサーが低周波を頼りにダンスを披露するステージや、日々の気持ちの変化によって織り方が異なる織物を使った世界に1つだけのバッグづくりなど。「障害って何だろう?以前は弱い人と漠然と思っていた面もあった。多くの人たちと出会って突出した能力がある人がいることを知った。ヨコハマ・パラトリエンナーレでは、その能力を生かし、アーティストとのコラボで新しい芸術表現を目指している。将来、障害者という言葉がなくなる社会を築きたい」と訴えた。
 

<PR>

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

恒例の交流「リモート」で

桂台地区

恒例の交流「リモート」で 社会

画面越しに笑顔交わし

12月2日号

「NEXCOの花」を植樹

湘南桂台みどりの会

「NEXCOの花」を植樹 社会

12月2日号

無料健康チェック

12月11日

無料健康チェック 社会

港南区社協3階

12月2日号

無料循環バスで地域貢献

港南台医療モール

無料循環バスで地域貢献 社会

12月2日号

気軽な認知症カフェ誕生

栄区長沼町

気軽な認知症カフェ誕生 社会

12月2日号

納税普及の功績たたえる

納税普及の功績たたえる 社会

横浜南税務署で表彰

12月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月25日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook